廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウォッチメン!!!

ご無沙汰してます!テンです。
ちょこちょこと舞台やら映画やら観とりますが、
PC不調でひとつの記事書くのに1時間ぐらい掛かる…。
更なるブログ離れを引き起こしてますが、ケータイからポチポチ。。。

先週は劇団☆新感線「蜉蝣峠」観ました。
役者もセットも豪華なのに、この抜けきらない感はなんなんでしょ?
クドカンのくだらなさMAX中学生男子的な脚本が生きてません。
新感線の某演出家さんは「飛び抜けたバカのカッコ良さ」を理解してない感じがしました。
クドカン脚本の作品は演出次第で当たりはずれデカイよね。
この調子だと、公開を控えた「カムイ外伝」も微妙な雰囲気が…
5月の作演「R2C2」に期待します。

映画もちょこちょこ観てますが、中華系作品(梅蘭芳、RCpart2)はmaikoとほぼ同じ感想です。
「チェンジリング」はガリガリでくっきりメイクのアンジーが怖いけど◎。
予告で観た、もうひとつのクリント・イーストウッド爺の新作が気になりました。
作品名は忘れたけど、偏屈ジジイが猟銃持って、近所の悪ガキを退治するといった内容のものだったと…。

ロールシャッハ

でも、新作でお気に入りだったのは「ウォッチメン」でした。
流行りの漫画実写化シリーズですが、トホホなものが多いなか
(例:DBRの「ピッコロ実際戦ってねぇ!結局、田村エリコのプロモーションビデオか?」感や
ヤッターマンの「子供向けのアニメは原作に忠実にやると、こんなに寒いんですよ」感)
これはサイコーにカッコいい良作ですよ!アメコミは読まないんで、原作は知らないんだけど。
とにかく暴力シーン(あえてnotアクション)がカッコいい!と思ったら、監督は「300」の人だったんだね、納得。
インタビュー読んだら、元々は実写化の監督を断ったけど(原作の大ファンがゆえに実写化は不可能だと思ったらしい)進行状況が気になり、制作会社に訪ねたところ、
PG-12の子供からお年寄りまで楽しめる娯楽作品にしたてあげようとしていたので、こいつはマズイと自らメガホンを取ることに決めたそうです。
なるほど、R-15美味しくいただきました。ロールシャッハに惚れちゃった
ベタベタ過ぎる音楽の使い方も嫌いじゃないです。
この作品とかダークナイトとか、最近のヒーローものはクオリティ高いね。
また、X-MENもやるし、このジャンル注目してみようと思います。

そして、今週末は表現・さわやか観に行きます。楽しみ~♪
スポンサーサイト

| 鑑賞 テン | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「薔薇之恋」

img_04.jpg
「イタkiss2」ですっかりジョセフのファンになってしまいまして(分かりやすい)、こうなったら俳優デビューした記念碑的ドラマも見なくては…と「薔薇之恋」に手をつけました。CM見るたびに借りる気しなかったのに。

<見る前のイメージ>
なんじゃこの宝塚のような長髪は!バスローブも若き日のデビッド・チャンみたいなヒラヒラで!(分かる人おるかな)
それにS.H.Eのエラ、3人組のアイドルとして売れ出した頃なぜ1人だけブスが?と思ってまして。ヘルメットのような髪型に真っ黒なゲジ眉、広東省から東南アジアにかけて多い典型的なブタっ鼻、ヒゲ…もう台湾からはブリジット・リンやジョイ・ウォンのような絶世の美女は生まれんのかと悲しくなる。
でも監督は「イタkiss」と同じ瞿友寧、アリエルをかわいく変身させたし丁寧な演出が好感もてるし、やっぱ期待できるんではないかと。

<感想>
エラは本気でブスなので、見慣れるのに10話くらいかかった。なんか自分めっちゃイヤな奴みたいだな。でも「ラブ・ゴーゴー」でポケベルを拾って持ち主に恋してしまう廖慧珍はデブで容姿も悪いけどめちゃくちゃかわいくて自分も一緒に足バタバタさしたのに、エラのキャラは感情移入できんのさ。その違いですよ。
もう1人、エラの相手役のジェリー・ホァンがどうしようもなく大根で。。なぜジョセフから好き好き言われてもこっちに惹かれてしまうのか、説得力に欠けます。
で、ジョセフ。出演者の中で抜群にいいのな!
兄と姉を愛してしまう中性的な少年で、KABAちゃんのような動きをする普通にヘンタイ。でもすべてをカバーしてしまう美しさとかわいらしさ。三角関係の恋敵的な役割なのに、たぶん本来はこんなに登場シーンは多くないはずなのに、ほとんど主役です。演技力うんぬんではない魅力に瞿友寧監督は最初から気づいてたんじゃないのかな。
ドラマとしては中盤にジョセフが告白をした後から進展がなく同じことの繰り返しで印象に残るエピソードもなくダレます。4年間たってるのに何の変化もない花屋敷家の人々、兄妹間の恋愛にしか興味ないのか…つーか働けよ。やっぱ少女まんがの世界は胸焼けがするかなあ。

でもとにかくジョセフがすっきりと美しくて、ますますファンになっちまったよ。筋肉のないまっ平らな胸板もよろし。
2年前に見てたら確実にパルコのジョセフ・チェン展行ってたね。

kissと薔薇

| ドラマ maiko | 22:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫マフラー

桜も開花したというのに、まだまだ寒いですね。

こんな夜は、春巻で暖を取るべく、

erimaki1.jpg

首に巻きつけてみました。

もうそろそろ注射に連れて行かなくては。
今年でたぶん6歳。

chunjuan.jpg

| 日記 maiko | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後の最後に

先日、テンさんと2人で「レッド・クリフPartⅡ」の試写会へGO。
あんだけ戦闘シーンとかすごいのに、最後の最後でごっつ不自然なトニ岡さんと金城くんの会話。
っつーか目線全然あってねえ!
今までのがんばりをすべて台無しにしてしまうラストシーンに、うちら爆笑を禁じえず。

話は変わって、どーやら皆WBCで盛り上がってるらしいぞということに先日ようやく気づき、次はいよいよ決勝だと言うのでいつ試合やるのかなと思ったらちょうど始まって1時間たったところで。
最後の最後の試合で見ましたよ。
いや~私がスポーツ観戦すると大抵負けるから心配したんだけど、よかったなあ。
地元長崎出身の城島、かっこええぞ!
で、最後に投げたダルビッシュ、めちゃくちゃ美しくないですか(今さら)
なんつー脚の長さ。
そして思い出したのがこの雑誌
070801anan.jpg 美しいっ

さらに思い出しのがこちらの有吉の写真(汚らしいっ)
嗚呼、なりきり写真のくだらなさよ。

| 映画 maiko | 03:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友達に会ってやってもらうこと

さっき、仲間で集まったので撮ってもらいました。

じゃんっ!

cheeruupソイマン 本物
cheeruupmaiko.jpg なりきり

さすがに黄色い壁紙は用意できんかった。
好兄弟は、これからもくだらないことに一生懸命になる所存であります。

| 日記 maiko | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瑞文 x Giordano Cheer U Up!!

本日、ソイマンTシャツをGETいたしました。
現地では品切れ続出で入手困難だったとか。
ありがとうAMY!

cheeruup.jpg
cheeruup2.jpg

| ソイマン | 18:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪場所、メガネをかける瞬間

大阪行きのメインイベントは大相撲でございました。

いとしの安馬改め日馬富士(はるまふじ)は大関に昇進したので両国国技館では入り待ちできず(泣)それが地方場所なら廊下でめっちゃ近くで拝めるというわけなんです。

西の支度部屋手前で待つこと1時間。
白の着物を召した日馬富士が会場入り。
これがすっごく似合ってるのだ。
他のお相撲さんが通る時は写真撮ったけど、この時はアピールに徹する。
「いつも応援してま~す!!」
って言った瞬間、確実に私のほう見てたね。

取り組みが終わると2階の客席から廊下にダッシュ。
この日、銀色のまわしに変えて初めて白星だったので「おめでとう~!」と叫ぶ。
土俵際でヒラリとかわして逆転した、あんま内容よくない相撲だったから“おめでとう”はどうかなと思ったんだけど、本人はうれしかったと思うのよ。
だってほら、本人のブログにも初日でました!って報告あるもん。
私の声が届いてたに違いない!

本人を目の前にして、久々にミーハーな行動に出てしまいました。
だってかっこいいしさあ、すてきだし、仕方ないじゃん?
オーラがあって雲の上の人みたいよ。

日馬富士の写真は撮らなかったので、代わりにみんなが知ってる高見盛のメガネON・OFF写真を。

カトちゃん1 会場入りはメガネON

カトちゃん2 土俵入りの直前もON

カトちゃん3 土俵入り終了後、まさにかけようとしている瞬間(後ろは豊真将)

| 日記 maiko | 01:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジアンミーティング大阪2009

今回で3回目になるというアジアンミーティング大阪
集客がどうなるか心配をよそに、朝からほぼ満席。ああよかった。

「エドウィン短編集」
メイン会場で上映された「空を飛びたい盲目のブタ」のエドウィン監督の短編集。
この人、めっちゃセンスよくていいですよ。
「空~」が気に入った人はぜひこっちを先に見るべきやったな。

「ムーン/ジェームス・ウォンの歌詞による7つのアジアの物語」
1977年、リサ・ウォン主演のドラマ「家変」の同名主題歌の歌詞の1フレーズを7人の監督に振り分け、自由に撮ってもらった実験的オムニバス。6人の監督がラブストーリーなのに対し、イン・リャンだけが白黒で子供が主人公のほのぼの路線。本人は「最初にラブストーリーって決めてくれたら統一感出たのに…」と残念がってたけど周囲の評価はイン・リャンのが抜群によかったです。

「好猫/グッド・キャット」
やはり突然登場するロックバンドの歌にやられた人が多かったですね。
満員のお客さんの反応もよかったです。

「トロピカル・マニラ」
のっけから太った男のモノをBJするスタイル抜群の妻。モザイクなし。
ずっと性暴力シーンが続きます。
イ・サンウ監督は韓国で上映したときお母さんを招待したら随分ショックを受けてたそうな。
屈折した家族愛を描く衝撃の作品。関東でもどっかで上映されるようなのでご覧あれ。

シンポジウム
今年のテーマは「インディペンデント映画を海外の映画祭に出展した後、自国の映画館で上演するためには?」だったのですが、私が通訳を担当したイン・リャンはまったく上映を望んではおらず、
「海賊版DVDでも、インターネットでも、興味のある人が見てくれればそれでいい。現状には満足している」
「特に映画制作によって稼ごうとは思わない」
「これからも今まで通り自分の好きな映画を撮れればいい」
シンポジウムを企画した富岡氏の考えを丸無視する発言を連発。
彼は非常に温和な好青年であるけど、自分の意見はハッキリしてる人ですね。

その他アジアンミーティングの詳しい内容はコチラのブログを参考に。

イン・リャンin大阪アジアン映画祭 身長は186cmだとか

| 映画 maiko | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪の印象

大阪アジアン映画祭から戻ってきました。

久しぶりの大阪では、改めて関西を感じた数日間でした。

まずはカフェでほっこりしていると4人のおばちゃん連中が来店。
「姉ちゃん、焼き飯みたいなのあるん?」
カフェに来て焼き飯をオーダーって。。

続いて夜のパーティー。
中央公会堂という立派な会場でしめやか厳かにパーティーがスタート。
が、ビュッフェコーナーでは1品目がやきそば。
一瞬、中国のホテルの朝食風景かと思いました。
つーかやきそばって祭りで食べるもんじゃないの?
関西出身と思われる人全員がやきそばをてんこ盛りに皿に盛ってました。

もうひとつ、タクシーのおっさんが強烈やった。
ABCホールからシネ・ヌーヴォに戻る時、通訳がボロボロだったので自己嫌悪に陥っていたのですが、映画祭のパンフレットにある地図を見せてこの映画館に行ってくださいと言うと

「映画館かいな。わしはもう10年くらい映画館には行っとらんなあ」
「若いときはそりゃよく行ったけどな」
「あの時代は吉永小百合とか出とる日活が主流でな」
「1週間に1回くらい見に行ったわ。当時は映画くらいしか娯楽がないやろ?今とは違ってさ」
「子供の時分はあれや、怪獣映画をよう見たな」
「それにしても戦後の時代はよかったぞ。そな戦争とかもあったけど人間がよかった。今は人間が変わってもうた」


という感じでわずか5分少々の乗車時間中におっさん的映画史&昭和史を語られました。
このおっさんだけでなく、3回タクシー乗ったうち3人とも同じような感じで、自己主張の強さを見せつけられました。
イン・リャン監督に話したら、昔ながらの北京のタクシー運転手もそうだって。

大阪アジアン映画祭@パーティー ゲストの方々

| 日記 maiko | 20:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪アジアン映画祭2009

大阪アジアン映画祭2009

今日から大阪に出張です。またしてもナーバス。。

私が関わってるのは主にアジアン・ミーティング大阪2009
3月14日(土)
会場:シネ・ヌーヴォ(九条)

「エドウィン短編集」11:00~
「ムーン/ジェームス・ウォンの歌詞による7つのアジアの物語」12:00~
「行旅死亡人」15:00~
「好猫/グッド・キャット」19:00~
「トロピカル・マニラ」21:00~

17:30からは上映作品の監督、プロデューサーを招いてシンポジウムを開催します。

一日アジアのインディペンデント映画を堪能して、チケットはたったの1700円。
一日通し券。
安すぎじゃね?

「グッド・キャット」はイン・リャン監督の長編3作目。
四川方言のため英語字幕だけで見るとさっぱりだったけど、日本語字幕をつけたら実に分かりやすくて面白い話ですよ。劇中の挿入歌が何曲もあって、めっちゃ渋い。これも原語だと聞き取り不可なので日本語字幕版を見てほしいなあ。

| 映画 maiko | 04:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドキッとする台湾式中国語

台湾アイドルの中国語はかつぜつ悪いし独特の言い回しが多いしよく分からん、とイラつくことが多く、それを克服する意味でも時間のあるうちにドラマとかバラエティとかたくさん見ようとしている今日この頃です。

最近、ドキッとした台湾の若者言葉がありました。

超HI!(=超ハイテンション!)

日本語の影響を受けて「超」がつくのは分かるけど、

「マ○○が臭い」という広東語にめっちゃ近いのな。

発音としては「超HI」が「チャオハイ」
「臭hai」が「チャウハイ」
1文字違い。。

テンション高くチャオハイ!と言われるもんだからドキッッッ!!!と固まります。
自分はろれつが回らないことが多いので安全面を考えて使わないつもりです。

| ドラマ maiko | 04:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴンボール

ユンファの亀千人は甲羅をかぶってませんでした。
もっとスケベじじいのユンファを期待してたのになあ。

1人だったのでキャーキャー言えなかったけど、めっちゃ近くでユンファを拝めて幸せ~。
すべてのコメントでお茶目っぷりを披露してたけど、お勧めのシーンは?と聞かれて「僕のおすすめのシーンは全部カットされたから…」と答えてたのがやっぱこの人は正直だなと思った。
「写真どんどん撮っていいよ」と本人が言ってたので載せたる。

ユンファ舞台挨拶

| 映画 maiko | 04:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

惡作劇2吻

Kiss2.jpg
あー、見終わっちゃったよー。
またしても2日で。
「流星花園2」のように続編になると失速しないか心配したんだけど、こういうドラマだと全然眠くならないのな。

ヘンタイかと疑っていた入江くん(ジョセフ・チェン)が第1話でようやく男であることを見せてくれました。
4分以上にわたる長~い濃厚なキス。
もうヒトヅマですわよ!大人なドラマの始まりですわよ!これで視聴率トップですわよ!というスタッフの気合いが聞こえてきます。
でもジョセフ・チェン、ビーチのシーンが何分もあるのにダラッとした胸板はどうかね。せめて“引き締める”程度にすればよかったのに。オマエ、子供の頃は白ブタというあだなだったろ!

それにしてもアリエル・リンは見れば見るほどかわいいなー。
ロリ好きにもお勧めのぽっちゃり加減ですよ。
「惡作劇之吻」ではずっと低温動物のようだったジョセフ・チェンがすっかり感化されて中盤から後半にかけてかなり人間らしくなってきます。
そう、2人の人間としての成長ぶりが描かれていてお気楽なだけのドラマじゃなかったのだ。
最終回ではずっと泣いてしまいましたの。

これだけ魅力的な話を作った原作者はすごいと思ったら、すでに他界されてたんですね。
連載中に大理石のテーブルの下の床を雑巾がけしていて一息つこうと頭を上げたところ、そのテーブルに頭を強打、そのときの脳内出血が原因で意識不明になり急逝。
驚いたけど、これが天才かと思いました。

直樹和湘琴的故事
將永遠幸福下去……
一直陪伴我們 未完

訳:直樹と琴子の幸せな物語は永遠に…
私たちのそばに
未完

甘~いシーンがたくさんあるのでニヤニヤしたい人にもおすすめであります。

| ドラマ maiko | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

惡作劇之吻

It_started_with_a_kiss.jpg

去年テレビ放送されていたものの、忙しさで3話で挫折。
水曜日にたまたまイタキス2の放送を見てしまい、ジョセフ・チェンのキスシーンがエロくて気になり、調べるとアイプチ愛用者だというので急遽見ることに。
70分×20話=1400分
2日間で制覇しました。
納品を済ませて夜中1時から見はじめたのでこの2日間で7時間しか寝てません。
オタクな気質。。


いいねー、こんなふうに何も考えずに見られるアイドルドラマは。
最近、シリアスなもんばっか見てたせいか、お気楽な展開とセリフが心地よかった。
それにしても、乙女の妄想ってのは恐ろしいもんである!
そして白馬の王子様はヘンタイか。
これ、男が見てどーなんだろ。

でもでも、ドラマのできはいい。
台湾で絶対に高視聴率がとれる話だもんね。

今までアリエールとしか名前を覚えられなかった林依晨(アリエル・リン)、最初はなんでこんなブスが??なんだけど、慣れるとそこがかわいいのな!
目を細めて見るとチャーリー・ヤンに似てくるぞ!
ジョセフ・チェンもロン毛ということで見らず嫌いだったけどアイプチ&温泉のシーンで一重に戻ってるっつーことでイメージアップ!
汪東城はこのドラマで当たらなければ芸能界をやめようと思ってたらしいけど、ノーズシャドウがきついけど、19話の演技に感動したぞ。アリエル・リンと同じく苦労人っつーことでまたまた印象アップ。

ちょっと、台湾アイドルものを徹底したいなーと思う今日この頃です。
ドラマの完成試写会の字幕をつけることがたまにあるんだけど、何年も台湾もの避けていたせいで出演者の作品見てなくて後ろめたかったのよね。やっぱ何でも見んといかんな。

| ドラマ maiko | 13:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソイマン、ラムたん、トーさん、ジョルダーノTシャツ

ジョルダーノで「Cheer U Up」Tシャツなるものを販売するそうで、ソイマン、ラムたん、そして香港の井筒さんとしておなじみのジョニー・トーがイベントに出席。

soiman-jo.jpg
soiman-jo2.jpg

あいかわらずのファッションセンス。
こんなに赤パンと黄色のハンチングの似合う人はいませんね。

| ソイマン | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

李玖哲と小猪

仕事で調べ物をしていたらまたもやytに流れる。

で、李玖哲と小猪のページにたどり着く。

李玖哲 李玖哲


李玖哲(ニッキー・リー)って、前ケンに似たブサイク系歌手としか認識してなかったけど(もちろん歌も聞いたことない)こんな面白キャラだったとは。。
しかも子ブタさんやっぱうまい。
下世話なようで実はいい奴っぽいよな。

ということで二人の動画チェックおよびついでにフェイルンハイのトークショー出演動画とか見てたらまたしても朝の7時半。
またムダな時間を過ごしてしまった。

| 日記 maiko | 03:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。