廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎年この季節になると…

タバコの煙が非常に苦手な私。
会議室や車の中でタバコ吸う人がいると肺がんで死ねばいいのにと思ったり、
禁煙している人を見てもがんばってるとか偉いとか全然思わなかったりするんですけど、
(吸うのは自由なので咎めたくはない)

さっき10月1日のタバコ値上がりを前にコンビニで買いあさってる客を見てタイムリーだなーと。

なんだか毎年この季節になると、精子とか射精とかそういうセリフを訳してる気がする。
こないだは一晩中陰毛と射精とセラヴィの関係性について研究してましたよ。
P監督はよっぽどそういうネタが好きなんでしょう。
ま、私も好きですけど。

こうしてシモネッタとしての偏差値が上がっていくのでしょうか。
将来的には岩井志麻子センセーのように…
いやいや、私は今兵法について勉強せないかんのですよ。すげー難しいの。
私バカなもんで、知らないことが多すぎるんです。誰か顧問がついて教えてくれんかな。
それにまともな日本語が話せるようになりたい。こないだも外国人に間違われたっつーの。
ああ切実。
スポンサーサイト

| 日記 maiko | 23:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プログラム発表されて

ついに発表されましたね。
なんだか今年は中華系が目白押しで、数年フラストレーションたまってたファンを考慮してのプログラムでしょうか。

個人的に台湾映画はさほど…なんですが「ジュリエット」のオムニバス第3話が陳玉勳て!
私、「ラブゴーゴー」大好きなんです。もう何度見たか。この映画の影響でレモンパイに執着したりクリームパンを食べるたびに「またクリームか。しょっぱいのない?」とつぶやいてみたりテレサの「因為我愛你」をそらで歌えたりヘンなジャージ着てみたり…もうほんと好きなのよ。てっきり映画撮ることやめたと思ってたら戻ってきたんですね。

オムニバスでは「カメリア」でシチズン・ドッグのウィシット・サーサナティアン監督も注目。

今年は東南アジア作品が少ない中、ベトナムから「伝説の男」がブルース・リー枠で選ばれた。
Oh,ベトナム~!私はずっとベトナム映画が見たかったのよ。フエの映画館では「ベトナム映画やってるんですよね?」とおばちゃんに確認したにもかかわらず、入ってみると韓流ラブコメのベトナム語吹替バージョンだった。。ベトナムでは映画製作されているのだろうか謎だったがやっと見れる。
4年くらい前だったか、「サイゴン・ラブ・ストーリー」を見てたら切ないシーンで全身金ピカのダンサーが登場して吹き出したことがあるんだけど、今年もカルチャーショック受けるのでしょうか。

あと最も心踊るのはインド映画が2本も来たっつーことです!
世間的にも今インドの波が来てるんじゃないですか?!
「ラーヴァン」、写真だけであっ、アビシェーク・バッチャンだ!と分かるようになった私は立派なインド映画ファンでしょうか。
「炎」、1975年、アビシェークの父ちゃんアミターブ・バッチャンの大ヒット作。写真がまたいい感じ。インド映画の基本形が濃縮されているそうで、これを見て勉強したいと思います。

コップの中は甘いお茶
写真は全然関係ないけどNGOでセネガルで学校の先生してる友達が撮ったもの。
ママドゥ先生、バイクで水の中に突っ込みバイクも携帯も壊れて一言「C'est la vie」(まあ、それが人生だ)
渋いわ。

| 日記 maiko | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「3バカに乾杯!/3 Idiots」

今日は浅草のど真ん中でインド映画「3バカに乾杯!」を見ました。
浅草ってめっちゃ観光客多いんですね。浅草寺が「せんそうじ」と読むことも初めて知って、何だか東京を知った一日でした。
会場につくとすでに長蛇の列が。
ちらほらとサリーやパンジャピドレスの女性(日本人)が見えます。めっちゃカラフルできれい。
インド好きのサリー着用率は中華好きのチャイナドレス着用率に比べてかなり高いです。

3バカに乾杯

映画はすごく楽しかったですよー。
これでインディアさんが超くわしくあらすじと解説を書いているのでご参考に。
インド映画初心者の私、アーミル・カーンの作品は初めて見るんですがミスター・ビーンと加山雄三を足して割ったような顔だなあ、確かこの人40くらいのはずだけど大学生役演じるんだあ、つか、キスのとき鼻が邪魔になると思ってる設定てどうなの?ファンタジー??とか心の中で突っ込みを入れつつ鑑賞したんですが、
カリーナ・カプールがアップになったとき
美人と濃いは紙一重 (この人ね)
あまりのアイラインの濃さに会場から笑いがおきました。
あー、やっぱみんな同じこと思ってるのね。
みんなカルーセル麻紀に似てると思ってるんだ。

それにしても内容の濃い話だったなあ。
エピソード多すぎて説明するの大変なんです。400文字でまとめろと言われると困る。
大学寮に入るとき、家から布団を持参してたのが中国と同じだなあと妙にカルチャーショックだった。
全編よく笑ったわ。
やっぱ日本語字幕があるとストレスなしに見れるからいい!
浅草公会堂がいっぱいになるくらいインド映画ファン多いんだから、日本ももっとインド映画を公開すべきですよ。
そうすると映画館にサリー姿のお客さんが増えて日本のインド化が進むでしょう。
衣装をもってない人は下のアイラインを太くひき、鼻ピアスを着用するとインド好きをアピールできますよ。

| 映画 maiko | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナムフェス2010

今年も行ってきました、ベトナムフェス。
年に何回ワールドフェス行っとるんじゃいと言われそうですが…だって楽しいんだもん。タダでライブ見れるんだもん。
去年は好兄弟とサブメンの3人でしたが今年は赤子も入れて4人で汗だくなりました。

まー今年は客が多かった。これ以上増えるとタイフェスっぽくなるので嫌だなー。つか、タイ料理レストランのブースあるのおかしいやろ。ベトナムをアピールするイベントでしょ?お客さんパッタイとシンハービールをベトナム料理と勘違いして帰っちゃうよ。
あと日本人アーティスト、ベトナム“好き”というだけでステージにあがるのやめてほしい。
せっかくベトナム歌手呼んでるんだからさ、めっちゃノド鍛えられて上手いんだからさ、もっとがっつり聞かせてくださいよ。
Nam Cuong(ナムクゥン)くんはかわいくて歌唱力もバツグンだった。
アルバム売ってたはずだけど買うの忘れちゃった(バカ)
しかたないのでこういうところで聞く。



私がホーチミンの市場で声かけられ、翌日教会にライブ見に行ったベトナム難民二世ラッパーのDJ SAMURAIも来てましたよ。ご覧の怪しさで。

凱旋サムライ

そうそう、ベトナムフェスは店によって出してる料理がさまざまで、食べ歩きがいがあるのもポイント。
↓かに味噌ビーフン(トマトスープ)、緑豆チェー、ドリア~ン
かにみそビーフン

7時を過ぎると各店値引きしだして、ブンボーフエ1杯300円とか、カキ氷200円とかケーキ180円とか。
さらにカレービーフン100円の叩き売り!サブメンに「食え!」と指令出す。大盛だった。
私の大好きなバインセオも見たんだけど、すでにおなか一杯であきらめた。来年こそは食べたいなあ。

| 日記 maiko | 03:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「Om Shanti Om」 恋は妄想から

「Om Shanti Om」
監督:ファラー・カーン
キャスト:シャールク・カーン/ディーピカ・パドコーネ/シュレーヤス・タルパデー

忙しいのに、やかんのお湯をポットに注ぐときフタが取れて指をやけどして、一日棒に振ったとき見た映画。
アキバのインドDVDショップで店長おススメのわりに興味なく、サブメンが買っておいたのを借りてたのよね。
くらいに思ってたら、
むちゃくちゃ面白いじゃないの!!
あまりの完成度の高さ&映画LOVEを前面に出したハッピーなつくりに大興奮しました。
ストーリーと解説についてはインド映画通信さんが分かりやすいのでご参考に。

まず、映画は30年前のボリウッド映画界から始まります。
シャールクは明日のスターを夢見る大部屋俳優。広東語でいうところの“ケレフェ”。
現場では隣のエキストラと小突きあったり(監督ファラー・カーンが演じてる)、「逃げろー」しかセリフないのに不必要にカメラ前でアピールしたり、このへんフランシス・ンのドラマ「難兄難弟」が好きな人は絶対好きだと思う!
女優シャンティに恋して映画を見ているうちに妄想で一緒に踊りだします。



70年代の映画と合成してるんだけど、目線や動きぴったりじゃない?しかも白黒からカラー加工してんの、スゲー。
0:20で登場する俳優さんのフェロモンに圧倒されて思わずロックオンしました。

このいでたちで登場

シャンティ役のディーピカはクラシカルな衣装とメイクが似合う超美人!ダンスも上手い。
そして2:13、なんと言うマブさなの?「マスク」で初めてキャメロン・ディアス見たときの衝撃よ。
そりゃシャールクも尻をスパンキングしたくなるさ!
なんて言うんですかね、これ全部シャールクの妄想によるダンスだから自分の欲望のままに踊ってるの。振り付けと表情がすごくいい。シャールクは女の子に華を持たせるダンスが上手いと思う。
それで一番好きなのがこのバトミントンシーン。

バトミントン女子
バトミントン男子
かわいいー!の一言。

こんな感じで30年後の現代。
シャールクは二世スターとして登場(二役)。寝起きからスタジオに行くまでに「食神」のシンチーを彷彿とさせる性格の悪さ&ボンボンっぷり。スタジオではギャルのスタイリストをはべらせてチュッチュするわ撮影前にダンベルあげて筋肉盛り立たせるわ、じーさんアンタ古いよってガムくっつけるわ、チャラい。「映画だろ、何でもアリだ」と設定無視してダンス考えたり「ホットなギャルを10人くらい出して、とにかく売れる映画にするから」って。



この映画のために体つくってきました!って聞こえてきそうです。
40過ぎてんのに、そこまでがんばらんでも…根がまじめなんでしょうね。
極めつけはこれ
シャールク40オーバー
ゲイのためのサービスショットとしか思えん。
恥ずかしい体のピーター 本家ワー様 もはや余裕
思わずピーター・ホーやワー様を思い出しましたよ。

監督のファラー・カーンは振り付け師出身で「如果・愛/ウィンターソング」の振り付けも担当した人だって。
前に「Rab Ne Bana Di Jodi」を見てダンスが「如果・愛」っぽいなと思ったのはもともとインドの振り付けだったからなのね。
この映画はラブストーリーだけじゃなく友情や親子の絆も描いていてほんと上手いんだけど、中でもコメディセンスがいい。
インド映画ってギャグがベタすぎてイラッとすることが多かったけど、この監督は細かいところで笑わせてもらいました。
復讐劇なのもいい!
そして最初から最後のエンドクレジットまで、映画への愛があふれていました。

最高!

| 映画 maiko | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2010

1989年から隔年で開催されている「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。
2009年の上映作品を中心に、めったに見られない旧作をまじえて、東京で世界のドキュメンタリー映画約100本を一挙上映!!

■ 場所・日程: 
ユーロスペース 09/18(土)~10/01(金)
ポレポレ東中野 10/09(土)~10/23(金)

■ 入場料金:
一般  当日1,500円 / 前売 1,300円
3回券 当日4,200円 / 前売 3,600円
フリーパス券 16,000円(50枚限定・劇場窓口のみ販売)
ユーロスペース会員 1,200円
ポレポレ東中野回数券 1,000円
☆ 前売券は映画館やプレイガイドで購入できます

■ 上映作品
YIDFF2009インターナショナル・コンペティション作品 
アジア千波万波作品 
ほかプログラムや特集の上映作品   
中東、アジアなども含む世界のドキュメンタリー
計 約100 作品

詳しいスケジュールは公式サイトから

王兵(ワン・ビン)の「鉄西区」てこの世界ではすごく有名で(見てることが前提みたいな?)、つい先日も仕事でお世話になった人から3部一気に見たほうがいいと薦められたんですけど、
第1部「工場」240分
第2部「街」175分
第3部「鉄路」130分
計545分て荒行ですか
インド映画の2時間半もしんどいのに…9時間。
ひとりでこの荒行に耐えられるだろうか…つーか今めちゃくちゃ忙しいし。
でも王兵の映画見たことないから「鳳鳴(フォンミン)―中国の記憶」だけでも見ようか。
他にも「馬先生の診療所」「ハルビン螺旋階段」「ファック・シネマ」とか気になる作品は多い。

| 日記 maiko | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ジャライノール」来春公開

去年中国インディペンデント映画祭で上映された「ジャライノール」が来年1月にポレポレ東中野で公開されます。

8月末になら国際映画祭でチャオ・イエ監督が来日してたんで、東京で各メディアからインタビューを受けました。
私は字幕をつけた縁もあって2日間通訳してたんですが、楽しかったですよー。
毎日新聞の「銀幕閑話」にさっそく掲載されてました。
銀幕閑話:第310回 ジャライノール、二つの別れ

ブタに小便かけられた顔

来春公開されるバージョンは映画祭になかったシーンも加わってて、前回鑑賞済みの鉄道ファンも必見です。

| 日記 maiko | 03:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。