廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ジャライノール」予告編

2011年1月15日(土)〜 ポレポレ東中野にてロードショー、以下全国順次公開が決まりました!
詳細ページ

蒸気機関車と炭鉱の町、ジャライノール。
満州、ロシアそして中国。歴史の波に翻弄されつづけた最果ての地で出会った、老機関士­と若者。ふたつの魂が触れあい、響きあう−−。




公開に合わせて「中国インディペンデント映画特集」も開催します。
チャオ・イエ初監督作品の「馬烏甲(マーウージャ)」を含む7作品で、めったに見られない傑作ぞろいです。
2008年、2009年の中国インディペンデント映画祭で見逃した方もすでにご覧の方もぜひ足をお運びください。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿1

どうも、最近やたらとインドネタを放り込んでいる私です。
数年前の「運命の糸/Dor」から「行け行け!インド/Chak de India」、そして「Om Shanti Om」で完全にインドに落ちてしまったことをここに告白します。
中学生の頃レコードショップの師匠にアジアの音楽は南に行くほど上手くなるけどインドにまでいったら深すぎるから要注意と忠告を受け、ゆえに「ムトゥ」から気になりつつもずっと敬遠していましたのに。
ああ、何てことでしょう。
足を踏み入れたからにはこれまでのブランクを取り戻すべく、新宿ツ▲ヤが旧作100円レンタルしているうちにごっそり借りて
1人ボリ合宿しておりました。

この間スケートやらアジア大会やら相撲やらフィルメックスやらあったんで見るのも大変でしたわ。

ラガーン
「ラガーン/LAGAAN」
したコメ「3バカに乾杯!」の上映前に松岡さんがアーミル・カーンは「ラガーン」というヒット作がありますけど…みたいなことをおっしゃって会場のインド映画ファンがうんうん頷いてたんですね。取り残される私とサブメンS。あーこれは見ないといけない作品だと肌で感じました。
で、うわさどおりの大作!

でも、224分って長すぎ!!

インドチーム対イギリスチームで年貢をかけてクリケットの試合をすることが決まるまでに1時間かかってます。
そして試合は3日間。
いつまでやっとんじゃい!
香港の井筒さん(トー)が撮ったら81分でまとまる話じゃないですか。
ジョン・ウーなんて3部作にできそうなものを無理やり1本にまとめたことあるし(ワイルド・ブリッド、126分)。

でもでも、他の方のレビューを見ると誰もが「無駄なシーンはない!」「息つくヒマもない!」と絶賛している…
忍耐力のない私はまだルーキーなんですね。

| 映画 maiko | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソイマン踢館制作発表

40過ぎても精力的に脱いでくれるソイマンです。

剣飲み込み
ビンかち割り
すてきなお背中
私も門下生になりたいです
本人のモッコリはもっと…

| ソイマン | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィルメックスで見た映画

「夏のない年」 マレーシア
前作「愛は一切に勝つ」でウトウトした反省を生かせず、大半意識を失ってしまった。。
タン・チュイムイ監督はマレーシアの催眠術師か。

相変わらずかっこいいピート・テオ

「密告者」 香港
どうしてダンテ・ラムはいつも90年代前半みたいな古いアクション撮るんだろね。例えばこれを20年後に見たら古きよき香港映画~と懐かしめるのかもしれないけど。
と、心の中で毒づいていたのですが終盤みんなのルンメイちゃんが激しくどつきあいしてくれまして、一気に楽しくなりました。

「溝」 中国
強烈!
数年に一度、こういうすさまじい映画に出会ってしまうのですね。
また血の気が引いて倒れそうになりました。
ワン・ビンの劇映画とあって広い会場は7割以上の入り。ひとつまえの「密告者」の観客が「溝」を見たらどう反応するか、「溝」の観客が「密告者」を見たらどう反応するか、ちょっと考えてしまいました。

「トーマス、マオ」 中国
プシャーッと飛び散る血が途中からCGになるのは環境保護のためでしょうか?
B級ノリで行きますって最初に示してくれたんで楽しめました。

「独身男」 中国
北京から150キロほど離れた村に生きる独身男たち。
ジジイのくせに息子はビンビンでしゃーない!
ぱっと見すでに枯れ果ててそうなのにねえ。
最初1人ずつアップになって「ヤン」とか「リュウルァン」とか人名テロップが出た瞬間好き!と確信した。
最初っから最後まで笑いっぱなし!!
中国インディペンデント映画をよく見る人にとっては人身売買って暗黙の了解みたいなところあるけど、それをもユーモラスにしたたかに描いていた。
脚本がすばらしいし、素人を使ってあんな表情豊かな演技させるのもすごい。
フィルメックスで見た中ではぶっちぎりで1位、この秋映画祭で見た中でも「ギャランツ」と同列で1位でございます。
ええ、私の好きなタイプの映画なんです。シモ降りまくり。
一緒に見ていたM女史から「これmaikoさんの字幕?」と聞かれたけど、違います(笑)
でもこういう作品の翻訳できたら楽しいだろうなあ。
光棍儿ポスター
あ、また濡れ場でジジイが赤パンはいてました。
赤いももひきもありました。


ハオ・ジエ監督とイエ・ランさん

開場前にボーッと座っていると友人に手招きされまして。行ってみると監督と主演女優のイエ・ランさんが来ているじゃありませんか。英語が通じなくてスタッフさん困ってたので通訳しました。
上映後「めっちゃ面白かった!!」と興奮してまくしたてたのは言うまでもありません。

| 映画 maiko | 22:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「nonstop senam disco」

まずはこちらをご覧ください。



これまで何度も取り上げてきたインドネシアの腰振り女王イヌル・ダラティスタ。
洗練という言葉から最も遠いスターだとは思ってたんですが、やはり私を裏切ることありませんでした。

最近入手したブツ。

猫も振り向かないイヌル

入手先の亜洲兄弟さんによると
強烈な腰振りダンスでブレイクした色っぽいおねいさんがダンドゥット唄いまくりながらエクササイズしまくる超謎コンセプト&マニア泣かせなvcd 登場!


収録されてる曲がなかなかどうして侮れないという点でも泣かされました。
「nyai ronggeng」ではあ~あぁ~~♪とイチェ・トリスナワティもびっくりなあえぎを聴かせてくれますし。
動画は探せないので明日テンに貸します。ダンス好きなCocoと一緒にどうぞー。

エクササイズの効果でスリムになったイヌル「Goyang Senggol」 これはカッコイイ!

| 音楽 maiko | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無題

ほんとにほんとにご無沙汰です。
育児に追われ、この秋は映画祭どころの騒ぎじゃなかった私です。
つかまり立ちしたここやん、ハンパないです。
なんにでも興味津々で即邪魔しにくるので、PCひろげる余裕も無かったです。
そんな近頃は自宅でもっぱら海外ドラマ。

最近のレコメンドは「カイルXY」
現在、NHK教育にて絶賛放映中なんですが、週一の放送を待ちきれずレンタルして
ファイナルシーズンまでイッキ観!!…したんですが、最悪の事態が
これ、途中で制作打ち切りになったらしく、ほとんどの謎を残したまま終了してます。
4シーズンも真剣に観てきた私のモヤモヤをどーしてくれるのだー
とはいえ、そこさえなければめちゃくちゃおもしろいです。
主役のマット・ダラスは私好みのなさけない犬顔(他にはトニ岡さん、中川家・兄etc)です。
今から観る人にはファイナルシーズンの1話のプロムのシーンまでなら観ることをおすすめします。

maikoがFBに予告をUPしてた「グリーン・ホーネット」もすごく楽しみだ~。
ミシェル・ゴンドリーにセス・ローゲンにジェイ・チョウって、間違いないな。

| 鑑賞 テン | 13:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソイマンも紅館で開SHOW「踢館」

ソイマンも来年1月21日、22日紅館でショーすることになりました。
前々から紅館でやりたいと言ってのよね。
で、ポスターこれ。

謎のコンセプト…

予約サイトコチラ
演出名稱 : 瑞文 踢館 Jim Chim Show 2011
演出日期 : 2011年1月21日 至 1月22日
演出地點 : 紅磡香港體育館
演出時間 : 晚上8時30分
票價 : $480 / $280 / $150

Hotline : 28 611 611
* 海外歌迷會羣組購票享有寄存門票服務 *
如欲查詢有關已訂購的門票資料:
請登入網頁 http://www.aegticketing.com/jimchim2011/tc/checking.asp
或電郵至 info@aegticketing.com 或致電 (852) 2854 1818
(辦公時間:星期一至五上午10時至下午1時,下午2時至晚上7時)

| ソイマン | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャールク今昔

歌うシーンあったっけ?
「マイ・ネーム・イズ・ハーン」
香港の映画祭で上映されたとき、公式サイトに印度劉華(インドのワー様)って紹介されてた(笑)
やっぱ香港人もそう思ってるのか。
自身、学生時代から付き合ってたヒンドゥー教徒の彼女と結婚したイスラム教徒のシャールク、いろいろ突っ込みどころはあるが言いたいことはよー分かった。
英語の人が訳してるのでインド風味が足りないのが残念。やっぱ松岡環さんの印象的な字幕で見たいっす(特に歌詞訳)
DVDが予約価格1102円で購入できるらしい(ココ)安っ!
映画祭で上映された「運命の糸」「行け行け!インド」「3バカに乾杯!」とかもこの値段で出してくれませんかね?


ドーン、ドーン、ドーン
「DON過去を消された男」
シネマートに行ったら映画の日にも関わらずチケット1800円て…
ブチ切れてDVDレンタルまで待った作品。
途中、謎の美女がドンを誘惑するシーンがあるんですがね(香港ならマギーQがやりそうな役柄)



免疫のない私は腹かかえて死にそうになりました。
パッケージには確かセクシーダンスって書いてあったのに…カリーナ・カプール
イヌル・ダラティスタのドリスダンスにしてもそうだが、国によってセクシーの基準って違うと思う。


シャールクが黒いランニングを着用している
「ラジュー出世する」
日本ではインド映画43年振りのロードショー公開だったらしい。当時チラシを手にしたものの、スパゲティと米と小麦粉で食いつなぐ貧乏学生だった自分には1500円は高すぎて見逃したのでした。
そしてインドのビッグウェーブが来てる今、ようやく鑑賞。

まー、シャールクが若い!えくぼ可愛い!黒のタンクトップ着てるしジェイ?
張り切る姿にはユンファを思い出しました。
やっぱりコテコテの香港映画好きはコテコテのインド映画が性に合うと思います。
話は面白いしエコーたっぷりの歌もいいし楽しかったー!
相手役のジュヒー・チャーウラーは見事なボインで、

巨乳にアゴ乗せの図
むぎゅ~っ

こんなふうに田舎者の僕ちゃんを窒息死させたかと思うと

首すじ攻め
後ろから吸い付き

お返しに攻められて感じまくってました。
昔から首への吸い付きが激しかったんですね
キスさえないのによっぽどエロ入ってます。



♪ダメ、ダメ、ダメ~♪

| 映画 maiko | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松嶋×町山 未公開映画祭

皆さん、秋と言えば映画祭ですよね。
フィルメックスを前に、ネット上でアメリカのドキュメンタリー映画を見ようじゃないか!
私のお気に入りテレビ番組である松嶋×町山 未公開映画を観るTVが放送開始1年半にして映画祭やっちゃうんですよ。
なんだかんだで見逃してた作品多いから、今回チェックしたいと思います!
公式サイト
必見です


「史上初 !? 2泊3日で映画39本 !  イッキ観オンライン試写会」視聴無料
日時:11/12(金)25:00〜試写会スタート
   11/15(月)試写会終了(※)同時閲覧数:100名様限定

11月17日からの映画祭では1本500円での配信だけど、11/12(金)から2泊3日オンライン100名に限り無料で視聴できるらしい。
無料に弱い私…

| 映画 maiko | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソイマンCM

おなじみGiordano Cheer U Upの今期CM「潮著快樂」
帽子とメガネは私物のはず。
ソイマンファッションショーをお楽しみください。



もうひとつはちょっと古いけど panadol 必理痛傷風咳丸
いつになくシリアスに咳しちゃったりするソイマン。



さらにCMメイキング。

| ソイマン | 02:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「過把癮」

過把#30318;
監督:趙寶剛
キャスト:王志文、江珊、趙亮
原作:王朔「過把癮就死」

1994年、中国全土で大ヒットした恋愛ドラマ。全8話。
実は1995年当時文通していた友達から「過把癮」サントラカセットをもらいまして。なぜドラマを見てないガキにサントラをプレゼントするのかという疑問はさておき、そーかーこういうのが流行ってるのかーとオープニング、エンディング曲を聴いてたんですね(音質悪し)。だから「北京ヴァイオリン」で王志文さんが登場したときは「あっ、過把癮の人だ!」と認識しましたし、中国ドラマを研究するにあたり趙寶剛の作品を見なければならないと思っていたところ、これも撮ってたと分かってすぐに見ることにしました。
(視聴はコチラ、ただし字幕がないのである程度リスニング力が必要)
原作は王朔(ワン・シュオ)。中国の映画やドラマってのはホント王朔の原作やら脚本やら多いんですね。有名なところでいうと「太陽の少年(陽光燦爛的日子)」、「小さな赤い花(看上去很美)」、「ニューヨークの北京人(北京人在紐約)」。徐靜蕾主演の「ウォ・アイ・ニー(我愛你)」は本ドラマの原作を映画化したもの。といってもちょこちょこ違うので別物とみてもいい。
実際はこんな甘くない!ジンレイ姉さんのヒステリーに頭痛がする映画です

ドラマは王志文が友人と鍋をつつくシーンからスタートします。
大恋愛の末結婚したにも関わらず、「婚姻生活は地獄だ」「愛がない」と愚痴る友。

こんな顔してモッテモテ

ちなみに「射雕英雄伝」で周伯通を演じてる趙亮さんです(エーッ!)

黄色いバンタクシーで帰宅

酔っ払って自宅マンションに戻ると「ドスン!」
孤独に耐え切れなくなった妻が飛び降り自殺した音だった。。

数日後、納骨堂で知り合う王志文と江珊。

バスでの会話

帰りのバスにて。
「ヘビースモーカーね。タバコのにおいが染み付いてるわ」
「病院勤務か?君こそにおいが染み付いてるぞ」
「うふっ」

惹かれあった二人はめでたく結婚します。
が、江珊は言葉や態度での愛情表現を求め、新婚早々うっとおしい。

「私より美人と付き合ったことある?」
「本当は私の友達のほうがよかったんでしょう?」
「ねえ私のこと愛してる?愛してるんだったらそう言って!」

「…愛してます」

「無理やり言わせたんじゃないわよ。あなたがそう言ったんだから」

「…(硬直)」


愛しているかどうかの確認作業を除き、いつもピリピリ、ヒステリック。
あーめんどくせえ!
美人という以外この女の良さが分からん。
ノーモア、プライド高いヒステリック女!
それでも好きになっちゃうのは「這就是愛(それが愛)」だから?(エンディング「糊塗的愛」より)
中国人の友達に「俺の友達に美人はいない。いつもチヤホヤしないといけないのが面倒だから」と言われたことがあるんですけどね。その時こいつシバく!と思ったんですが、まあ何でも正直に言ってしまう人たちということで許します。
あー寛大な大和撫子。

江珊の愛の確認作業は度を越していきます。
王志文をキッコウ縛りにして包丁をのどに突きつけ
「愛してると言って!」


嗚呼、国民的ドラマでSM…
子供がマネしたら困るじゃないですか。

(感想など)
90年代前半の北京ってこんなんだった。
今でこそ例えば「無人駕駛」を見ると日本・北京上海・香港ってファッションや街の雑感や恋愛感など地域差がないけど、当時は違ったのよ。子供ながらにサントラのジャケ見てダサいと思ったもん。「甜蜜蜜」「血色浪漫」で現代の俳優ダン・チャオやリウ・イエが90年代前半の青年を演じるとかっこいいけど、実際はこんなんでしたよね。

白TももひきIN
ディスコではなく社交ダンス

知り合ってから結婚までの期間が非常に短いことも驚き。
何はともあれ15年前の北京にタイムスリップできて興味深かったです。
もちろんカラオケもマスターしました。これで大陸のオッサン連中とデュエットできるぞ!

オープニング「過把癮」カラオケMV…縛られた王志文にも注目


エンディング「糊塗的愛」カラオケMV…歌詞がドラマにぴったり。名曲です。

| ドラマ maiko | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「血色浪漫」

血色浪漫

このタイトル…
血が出るまで愛し合うってことですか?

という誤解から何年も手をつけずにいたのですが、日本人の評判がよく、当時映画や舞台には出ていたもののお茶の間にはなじみの薄かったリウ・イエがこのドラマで人気者になったようなので見てみることにしました。

物語は90年代前半まで

舞台は文革の嵐吹き荒れる1968年、北京。高校を卒業しヒマをもてあましていた鐘躍民(リウ・イエ)は仲間とつるんでケンカとナンパにあけくれていた。
第3話で周曉白(スン・リー)とくっつき、ファーストキス。

展開早っ!「甜蜜蜜」では相思相愛でも17話かかったのに。
しかしこのドラマ、文革時代の青春を生き生きと描いていて毛沢東語録を引用したセリフが面白い。
第4話、ファーストキスをうらやましがる仲間たちをなだめる鐘躍民
「革命不分先後,我相信你們二位也遲早的事」
(適当訳:革命に順序はない。君たちもそのうち経験できるさ)

その後周曉白や張海洋(連奕名)らは軍に入隊し(注:当時彼らにとって一番無難な進路)父親が隔離審査されている鐘躍民は陝北の農村に送られる。黄色く痩せこけた土地が眼下に広がる。周曉白のラブレターを読んでつぶやいた一言「ここにバラの花は咲かない」が印象的。

しかしこのドラマは恋愛より鐘躍民のアグレッシブな生き方、男同士の友情に重点を置いていて、すっごく男目線。やたらモテるし。武侠ファンは意外と好きかもしれない。前回見た「幸福像花兒一樣」が完全なる女目線のドラマだったので対照的だった。残念なのはスン・リー演じる周曉白のキャラに魅力がなかったこと。ちょこっと付き合っただけの男を10何年も忘れられず、再会後何度断られても「明日私と結婚しろ!」と詰め寄る。やけくそで結婚した張海洋とは初日から別居…張海洋かわいそー。やはり惚れてしまったほうの負けか。

披露宴でもブスーッ

しかしこの張海洋、後半警官になって活躍するシーンでは年相応の渋さで魅せてくれます。
真のオッサン好きにはたまらないドラマかもしれません。

無許可で蛋餅なんか売るんじゃねえ、と注意の図
中年の魅力満載、バッグはわきに

| ドラマ maiko | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画版《潮性辦公室》と舞台《柔軟》

ソイマンは王晶プロデュースによる映画版《潮性辦公室》を撮影中。
潮州語の専門家に“潮語”を教えてもらってるんだそうな。

両手にソイギャル

王晶お約束の水着ギャル。ソイマンより相当背が高い?


もうひとつお知らせ。11月17日~11月21日まで北京の保利劇院にて舞台《柔軟》に出演します。
ソイマン初の中国語による舞台?!
彭浩翔もゴッチョンと北京で映画撮ってるし、今北京が熱いのかしら。

柔軟

制作発表の動画はコチラ
すっ飛ばして06:23からソイマンお得意のフランス語イタリア語アラビア語日本語を披露しているので要チェック。演出家の孟京輝が中国語に通訳してくれます。
最重要的他補充了一句,孟京輝特別牛逼!
(訳:孟京輝がめっちゃすごいってことが一番重要なんだけどね)
孟京輝やるな!

| ソイマン | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画祭の感想5

「重慶ブルース(日照重慶)」(中国)
「左右」の王小帥監督なのでチケット買ったんですけど、うーん、、心に迫るものがなかった。単に私のコンディションが悪かったから?


「鋼のピアノ(鋼的琴)」(中国)
秦海璐(チン・ハイルー)がいい感じにオバサン体型になって好演してた。
劇中の笑い話はつまり旦那の子供ではないから、血縁関係がないから死なずにすんだというオチなんだが、こういう下世話な話はクスリとも笑えん。
隣の若い兄ちゃんが20分遅れで席につき、まったく意味ないところでゲラゲラ笑い、Q&Aの監督の回答に対しいちいち突っ込んでいたため10回以上殺意を覚えた。


ところで10/27の「愛に関するすべてのこと」にリサ・ルー(蘆燕)さんが見に来てたらしい。
マジで!行けばよかった。
「團圓」が「再会の食卓」という邦題で2011年に公開されるそうです。香港で見たけど、いい映画よ。

以上、映画祭の感想でした!

| 映画 maiko | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画祭の感想4

「孔雀の家」(1995年、タイ)
3度目の正直で10:30ジャストに会場入りする。
これ私がまだ高校生のころに初めて見たタイ映画でして、アンコール上映をすっごく楽しみにしてたんです。
どっちかというとファンタ系で途中笑い声も起きたりしてて、あー感無量。
現代の象徴として1995年当時流行っていたクリスティナーのMVが流れたのが逆に懐かしかった。思わず家に帰ってベスト盤を聞きなおすと、やっぱり全曲いいのであります。昔は音源しか手元になかったのに検索したらすぐ動画を見れて、ネット時代のありがたみを感じました。




「ラーヴァン」(インド)
アビシェーク・バッチャンと嫁アイシュワリア・ラーイの共演。やや肉がついたとはいえ、アイシュワリアのダンスには目を奪われる。音楽もダイナミックでいい。
が、カメラがゆらゆら、グルグルしすぎて目が痛くなる。2回目薬さして、目のツボを押さえても目から血がでそうなくらい痛い…ここに来て疲れがでたのかもしれない。
あとバッチャン、役作りのため目をギョロギョロさせてるんだがラストギョロ目で舌をべろ~んと出して警察に飛び掛るシーンでは吹き出してしまいました。ごめんなさい。




「ホット・サマー・デイズ(全城熱戀熱辣辣)」(香港)
最初っから期待してなかったとはいえ、お正月のオールスター映画なら許せるけど一級アーティストのウィンシャがこんなものを撮ってしまうって、しかも脚本に2年もかけたって。。
深く考えちゃいかんと分かってながら、矛盾の多さにイラっとくる。香港の夏って外は暑いけど室内な冷蔵庫並みに寒いし、すし握ってるところで汗かいてたら衛生上悪いし、いつも外にいるのに真っ白つるつるの肌してるわけねーだろとか、女の名前で「ワサビ」って全然「好聴」じゃねーよとか。
しかもビビアンの発音、醤油を「しぃーやう」ってやたら「しぃー」に力入れるから「うん▲」に聞こえる。
途中いきなりマギーが出てくるんだけど、名優は名監督が撮ってこそ輝くことがよく分かった。ひどかった。
ともあれ、スター達が出演を快諾してくれて3回泣いたという話にそーよなーと親近感を覚えた。
質問してくれた人にあのスーパーロングヘアを1本あげると言えばさらに人気でたろうに。
(言いたい放題ですみません)

| 映画 maiko | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画祭の感想3

「ギャランツ~シニアドラゴン龍虎激闘(打擂台)」(香港)
オープニングでカッと体内の血液が沸騰しまして、
ウォーッ!とひとりで興奮して半径1メートルくらい熱を発していたと思います、私。
オヤジのロマンが炸裂してました。
MCJinは「死神来了」では農夫と共演で無理なく見れたけど、演技できる人に囲まれてしかも大きいスクリーンで見ると硬さが目立ったかな。陳恵敏さんは893でないセリフだと舌が回らず苦労してたという(笑)
そして好兄弟でおなじみの邵音音(シウ・ヤムヤム)さんはチャイナドレス姿がめっちゃキレイ!白地に青の花柄のチャイナがステキだった。英語名はスーザンなのに「ヤムヤム」て表記されてたのも嬉しかったですよ。
そして羅奔さん、「エボラ・シンドローム」では中華レストランの店主役でアクロバティックなセックスを披露してくれましたが、今でも現役でやれそうでしたよ!
セリフも細かいところまで面白くて、私も黄又南のしけたツラ見たら「らんよーん!」と言うと思います。
そうそう日本語版の予告編、アレッこの声は…と思っていたらジャムだった。
そういや昔よく仕事中にワチャーとジャンプしてたな。

男前な監督ふたり


「燃え上がる木の記憶」(マレーシア)
直前にギャランツ見て大興奮、上映中もあー面白かったなあ~と思い出して浸っているうちに寝てしまいました。
バカ。


「ジュリエット(朱麗葉)」(台湾)
2本目までけっこうつらくて、あーやっぱり私に台湾映画は…とあきらめかけたときに3本目「もうひとりのジュリエット」。最初のやまびこのシーンでこれよ、これ!やっぱり大好きよー!!と陳玉勳監督の世界に入り込んでしまいました。
やっぱ、陳玉勳監督だけレベルが違う。
見ているうちに愛おしく可愛らしく思えてくるキャラ設計、希望の見えるラスト「死ななくてよかった」というセリフにじーんときました。
ひとりオオカミ男のような胸毛の男がいて、視線ロックオンだったことも付け加えておきます。

| 映画 maiko | 17:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。