廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末は代々木公園へ

急遽ナマステインディアに繰り出すことにしまして。

まずは松岡環さんによる「最近のインド映画事情・2011・秋の話題」講演会にGO。
2010年のインド映画製作本数…1274本。
さすが映画大国。
香港映画はいったい何本作られたのだろう…想像するだけで怖い。
映画祭やっても香港枠から選びづらいっしょもう。うう…
2010年のヒット作と2011年9月までのヒット作を紹介していただいたのだが、DVDを大量に仕入れて情報を集めるようになったせいかほとんど分かった。
木の根っこを引っこ抜いてとどめをさしていた南の大スター、スーリヤ主演の「Singam」も少し映像を見せてもらったら、人を殴っただけで10mくらいぶっとんでまたまた肉弾戦だった。
テンション高いな、南は。

代々木公園に移動しまして、まずは腹ごしらえ。

南インド料理
料理名忘れた 

「Rab Ne Bana Di Jodi」でシャーたちが食べてたやつ…だと思う。

ヘナタトゥを久々に入れて、めっちゃ上がる!
このサイズで1000円だった。

ヘナタトゥ
ヘナタトゥ横から

サブメンSは小さめポイントで500円

サブメンSも初ヘナ

日が暮れるころからステージ見に行ったんですがね、
とりのボリウッドダンスグループが面白かった!
しょっぱなから「じんけっさるほーー いーしゅくきちゃー!」
て叫ぶの。
それで客席どわーって盛り上がる。
このビデオがブレてるのは私が踊りたい衝動にかられているから。



オリジナルは「ディルセ心から」の超有名ソング、チャイヤチャイヤ。
仕事で5ヶ月間休みなかった時期、朝から踊ってテンションあげたさ。(もちろんシャーパートね)



最終的には客もステージに上がってこんなことに。



あー楽しかった。
スポンサーサイト

| 日記 maiko | 02:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見てきたわ

「新世界の夜明け」

雨の中見てきましたわ。
あたしって、、律儀!

感想としてはまず、光明くんがかわいい!
まずどころか、これに限るな。
一応大人の主人公マサノブ(小川尊)とココ(史可…阿部力の嫁はん)という美男美女カップルがいるのですが、途中から光明くんがどんどん映画を引っ張ります。

光明くんオフショット

この子を見るだけでも価値あるな。

他の印象としては、一作目「それから」が難解でとんがってたのに対して今回ゆるい演出になってたこと。
昼間すっぴんの中国人留学生が夜になると「今から仕事やから着替えてくるわ」でフレームアウト。
15秒で盛り盛りのヘアメイクで登場するの。
気負わず映画館に入ってほんわかした気分で出れる。
それでいて中に散りばめられた皮肉とか日中の若者の無知さとか考えるところもある。
いや、もともとメッセージがあるんだけど、観客に考える余裕を与えるためにゆるいシーンを多くしたのかね。

大阪シネヌーヴォ、10月29日公開でございます。

上映後飲みにいったときのカーワイ。
こう見えて…酒が飲めない
東京でも上映したい!言うてました。

ちょっとお疲れ気味…


同じくリム・カーワイ長編2作目「マジック&ロス」は11月5日から池袋シネマ・ロサで公開。

それから、映画チャンネルの動画を発見しました。
日本に来るきっかけ、映画への転向、制作エピソードなど40分くらいしゃべってます。
ド暇な方はご覧ください。

| 映画 maiko | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋キャンプin鳩ノ巣

「奥多摩でキャンプしたい」
そんなジョイ子の願いをかなえるべく連休は鳩ノ巣ガーデンキャンプ場に行ってきましたよ。

まずは鳩ノ巣渓谷を眼下に望むギャラリーぽっぽでランチ。
ここケーキやコーヒーもおいしくておススメ。
客なれしたネコたんがお出迎えしてくれます。

痩せてかわゆい

駅下の道路左の雲仙橋を渡り民家を過ぎると山道スタート。
最初4人くらいでロッジに泊まる予定が2人になったので「じゃあテントにする?」となり、テント、ガスコンロ、鍋、寝袋など一式私が持ってくることになり、たかだか駅から徒歩25分のところでキャンプするだけでこの装備。

登山歴30年です

3人用テント=3テン

テントを設置したらジョイ子大喜び。
こないだ富士山に付き合ったときも思ったが、

私はジョイ子の彼氏か?

さてテントも建てたし荷物を置いて渓流の散策でもするか。
テン場の前にはこんな清流が流れてるのだ。

越沢

きっれー!
ここが東京だってこと忘れそうです。
渓流沿いの遊歩道は苔生してすべりやすく、くさりの打ってあるところもあります。

くさり場

沢沿いにこんな道も

これくらいならいいんですが、沢沿いってこともあって、やたら橋が多い。
木1本の橋とか、手すりもなく普通にかけてあるんです。

私、極度の高所恐怖症…

私はネコと思いながら渡りました

ジョイ子は私のケツを見て笑いながら余裕で立ったまま渡ってきやがりました。
隣のバットレスキャンプ場に着いてもテンション高く、丸太橋で振り向きざまにピースする始末。

調子のった人

コイツ、明らかに調子のっとるな

そう思った瞬間、座ってた丸太がグラついて落ちました。

あはは、ザマー見ろ!

靴までずぶぬれ

もう全身ずぶぬれてるし泳いでたら、ちょうどお客さんが到着して横を通りました。

この日の夜はちゃんぽんを作り、翌日は五目ごはん、えびピラフに味噌汁。
災害時の保存食にもなるアルファ米はお湯をそそぐだけで出来るしゴミも少ないのでアウトドアにお勧め。
森に来るからにはCWニコルみたくナイフでハム削って食べるかと思ってたんだがバタバタして買うの忘れた。

アウトドアの朝飯に便利なアルファ米

バットレス

そうそう、ここはバットレスというロッククライミングの名所があって、結構危険で死者も出るらしい。
バットレスキャンプ場上の東屋にはこんな川柳が貼ってありました。

クライマーたちの川柳

名を呼べば こだまで帰る 亡き友よ

岩壁に向かってヤッホーと言いかけた口を閉じました。

| 日記 maiko | 01:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それから」「新世界の夜明け」上映

KINO TRIBE キノ・トライブというインディペンデント映画の上映企画でマレーシア出身リム・カーワイ監督の長編デビュー作「それから」と最新作「新世界の夜明け」が上映されるそうです。
会場:オーディトリウム渋谷(渋谷ユーロスペースのあるビルの2階)
チケット:当日 (自由席/入替制)
1回券:1200円均一
3回券:3000円
10回券:5000円

「それから」9月20日(火)14:35
映前、リム・カーワイ監督による舞台挨拶あり



実験映画みたいで、私みたいにボーっとしてるとよく分からなくなります。
監督本人が来るみたいなんで、分からないことがあればズバズバ聞いてみてください。

「新世界の夜明け」9月22日(木)17:50



2009年の大阪アジアン映画祭にちびっこがパパと映画見に来てたんですね。
アジアンミーティングの客層がシニア中心だったので珍しいなあ思うてたら、中国語話せて驚きました。発音うまくてかわいいんですよ。
予告編にも出てる友長光明くんがその子です。
さっきカーワイに確認しました。

この2本の映画を撮ったリム・カーワイのプロフィールを見てみましょう。

1973年マレーシアのクアラルンプール出身。1998年大阪大学基礎工学部電気工学科卒業。通信会社で6年間エンジニアとして勤めた後、2004年9月に北京電影学院の監督コースに入り、いくつかの合作映画の現場(『プラスティック・シティ』『墨攻』『夜の上海』)で助監督や製作コーディネーターとして参加。北京近郊で撮影された『それから』を自主制作し長編デビュー。香港国際映画祭などに公式招待され、2010年香港で『マジック・アンド・ロス』を制作・監督し、釜山国際映画祭などに公式招待される。第7回CO2の助成監督に選出され、長編第3作目となる『新世界の夜明け』を制作、2011年の東京ユーロスペースでのCO2東京上映展で上映され、好評を博す。

写真こんな。
リム・カーワイ

なんか、新進気鋭のインディペンデント作家って感じですね。

私にとっては何をしているかよく分からない人というイメージで、このプロフィールを読んで初めてどんなことをしてきたのか知りました。
何年前だったか、東京国際映画祭でマレーシア特集が組まれたときに知り合ったんですが「何してる人?」って聞いたら「東京流れ者です」って。
「いや普段何してるの?」「日雇いバイト。イスに座って交通量調べたりとか」
。。。
それでいてプレスカードを首にかけてマレーシア映画人たちの世話をしつつ好きな映画を見て毒舌吐いてるという。
映画の上映会とかでよく見かけてはいたのですが、「ジャライノール」のチャオ・イエ監督が来日してるときひょっこり食事会に現れたりしてホントどこにでも現れる人だなあと。
Tシャツに短パン、ビーサンという小汚い格好でしたが(笑)
「最近どーしてる?」と聞いても「バイト」というお決まりの答え。
その実新作映画を撮っていたんですね。
この数年精力的に創作活動してるようなので、見に行こうかしら。


ちなみに私が字幕翻訳したイン・リャン監督の「グッド・キャット」も9月18日(日)19:00~と9月21日(水)17:50~の2回上映されるんで、未見のかたは是非足をお運びください。
グッドキャット

| 映画 maiko | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「RAKHT CHARITRA」1&2

RAKHT CHARITRA

インド映画初心者の私が自分で良作を探すことは無理なため、香港インドブログさんのレビューを参考にDVDを購入してるんですが、これは…

超ド壺にハマりました!

インドの実話モノであり、血を血で雪ぐ復讐モノであります!

「黒社会/エレクション」系の暴力が好みな方は絶対におススメです。
もともと香港映画ファンの私がインド映画にハマってしまったのは、あーやっぱり共通点があるからなんだなあと認識しました。
純正な香港映画が絶滅の危機にあるとき、悶々としたフラストレーションを別の国の映画で解決できるとは思いもよりませんでした。
カメラワークや音楽もgood!
詳しいストーリー、解説はポポッポーのお気楽インド映画さんも参照してください。

香港映画でチンピラが人殺しに使う武器と言えば昔も今も牛刀ですが、
インド映画では鎌!

この鎌で、時間かけて殺したるねん

どいつもこいつも鎌使いがハンパねえ!
そりゃ銃撃戦もありますよ。でも追い詰めておいて最終的には斧で血祭りにあげます。
ああ興奮するー!

もうねえ、この映画で主演してるヴィヴェク・オベロイがかっこよくて。
普通の大学生だったのに、父と兄を殺されて復讐の鬼と化すんですよ。

鎌に黒フードがかっこいい!
あたしも睨まれたい

かっこええ!
こんなヴィヴェクににらまれたら、ホレずにいられまして??
のちに政治家となってヒゲをそり落とし上下白でキメてくれるのもステキやった。

パート1でヴィヴェク演じるプラタープと敵対するのはアビマンユ・シン演じるブッカ・レッディー。
こいつの畜生っぷりがすばらしかった。
ブッカ・レッディー

パート2主演のスーリヤ。
パート1では鎌合戦だったのにパート2では肉弾戦を繰り広げます。
敵を追い詰めたあと手元に武器がなかったので木を引っこ抜いてとどめを刺す!
なんとも原始的で肉肉しゅうございました。
木の根っこでとどめ!

基本男くさい映画ですが女性陣も存在感あって、特にプラタープの妻を演じたラディカー・アプテーがよかった。
パート2でプラタープが追い詰められていく中での夫婦のやりとりに、ぐぐっと引き込まれました。

パート2の演技に泣かされたわ


インド映画って長丁場なので途中休憩したり集中力切れてしまうこともあるんですが、これは一気に駆け抜ける感じ。
パート2が終わる頃には暴力が暴力を生み出す連鎖についてよく分かる演出になっていて、ラム・ゴパル・ヴァルマ監督すげーよ!いいもん見してもらったと大満足でした。
ちなみにプラタープのモデルとなった人物Paritala Raviは2005年に殺害され、スーリヤのモデルとなった人物Maddelacheruvu Suriは今年1月に殺害されたそうです。
すげえよ、インド。。


おススメ)
・復讐マニア
・最近刺激が足りない人
・血しぶきを浴びたい人
・「黒社会/エレクション」好きな人
・コワモテ好き
・鎌とか斧とか木の根っことか、原始的な戦いが好きな人
・かっこいいオープニング、エンディングにワクワクしたい人

残酷シーンを集めた映像。
はぁー興奮する!



マジおすすめ!

| 映画 maiko | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「永不瞑目」

「永不瞑目」 1999年版
原作:海岩
監督:趙宝剛
主演:陸毅、蘇瑾、袁立、尤勇

海岩と趙宝剛のゴールデンコンビがお届けする大ヒットドラマシリーズ。全27話。
このドラマで一躍人気スターとなった陸毅(ルー・イー)にすっかりやられてしまいました。

殉職した警官の角膜移植手術をしたことから陸毅と蘇瑾(スー・ジン)が出会います。
最初は手術後なんで包帯をしてる。

包帯をはずす日
この包帯を外すと…

小悪魔の笑顔

キラーン!

この笑顔に、当時何万人の中国女子たちがノックアウトされたことでしょう。
(※放送から10年をへて演出の術中にはまった私…)
私はもともと陸毅嫌いだったんです。上海でわがままに育った坊ちゃんって感じで、特にドラマ「向左走向右走」のキャラにイラついたし。このドラマでもわがままな坊ちゃん役ですけども、小悪魔のようなまばゆい笑顔で年上の女刑事を追いかけられたらもう、

マブい!
80后のイケメンに比べて70年代は顔が濃いからな~と敬遠してたんですが、
これこそ正統派よ!
大人の男になった現在もますますカッコよろし。
いい人より性格悪い男の役が似合うと思うよ。

クールビューティーな女刑事蘇瑾にほれてしまうのは同僚の尤勇(ヨウ・ヨン)もしかりで、前半は小悪魔ボーイとおっさんが恋の火花を散らすところが見ものです。

恋するおっさん代表ヨウヨン
腰ポン

2人同時に「家まで送ってくよ」
角刈りがそのまま伸びたヘアスタイル、ポロシャツinにベルトマークで腰ポン。
どう見ても分が悪い…
恋する不器用なおっさん演じさせたら尤勇最強。
真のおっさん好きにはたまらないキャラと思われます。

陸毅と蘇瑾が万里の長城の司馬台に出かけるんですがね、カメラワークがすばらしくて行きたくなりました。

司馬台

大好きなお姉さまと遺跡に来たらやることはひとつ。

嗚呼お姉さま…

後ろから羽交い絞め!
陸毅182cm、蘇瑾174cm。身長差があまりなくスッキリカメラに収まってます。

あかんて…

ああもう蘇瑾のクールビューティーさったら!
若干マギー・シュウに似てなくもないですが、あんなにアンドロイドじゃありません。

北京を本拠地にしながら昆明、チベットなどでロケして最終的に広州にやってくるんですね。
街の景観が映るだけでめっちゃ懐かしくなりました。
最終回ではここでロケしてます。

1998年の広州東駅

うわっ、広州東駅!
私とサブメンSは1999年に広州東駅の真裏にある暨南大學華文學院に留学してたんです。
深センとか香港行くときは広州東駅を利用するわけで、そりゃあいろんな思い出があります。
見慣れた駅構内、階段で銃撃戦やってくれて、マジ興奮しました。
ドラマ撮影してたのは1998年で放送は1999年か…
当時テレビで見てたら確実にハマって永不瞑目ごっこしてたな。

蘇瑾はなかなか感情を表に出さない人で、ちょっと物足りない感じもするのだけど、だからこそ最後に見せたあの行動は、もう、もうっ…

ぐわぁーーーーーー!

私号泣してしまいましたの。

悲しいんじゃなくて、ああよかった、結ばれてと。
あの状況でたどりつける最良のハッピーエンドだったと思います。

その他見どころ)
・主演女優2人のブラジャーがいつも透けてる
・下積み時代の孫紅雷(スン・ホンレイ)が水玉Tシャツでチンピラを演じてる(キョーレツ!)
・かわいい陸毅がしょっちゅうヘンな悪夢にうなされる
・お茶の間でここまでいいんかい?!なラブシーン
・中国の麻薬捜査事情がよく分かる。そういや2000年前後は麻薬を扱った本やドラマが多かったな

おすすめ)
・小悪魔なイケメンに振り回されたい人
・オジ専
・年上の女性が好きな人
・約10年前の中国の街の景観やファッションに興味がある人

視聴はココから。
字幕がなくて躊躇するかもしれないけど、ある程度中国語が分かれば大丈夫。ナレーションゆっくりだし。

| ドラマ maiko | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝、デニー・イップ

デニー・イップ(葉嫻)が「桃姐」の演技でベネチア国際映画祭主演女優賞をとったんだそうな!

美しやデイニー姐!

やったー!

アンディが好きなんじゃなくて、

監督のアン・ホイのファンでもなくて、

デニー・イップが好きなんです!

はぁーうれしい。

デニー・イップはコメディ演技が得意だけどシリアスもいいんです。
「癲佬正傳」はデニー・イップにとってフォン・ソイファン(馮淬帆)にとってイー・トンシン(爾冬陞)にとって生涯ベストの1本だと思う。
そして日本人香港映画ファンにはあまり知られていないけど一級の歌手でもある。「不捨也為愛」「幸運是我」「輕輕嘆」とか独特の世界観で格が違うんです。私にとって普通話がテレサなら広東語はデニーなのさ、お手本は。

ああちょっと話がそれた。
とにかく、11年ぶりにスクリーン復帰したデニーさんを見たいわぁ。


一瞬ソイマンが映った気が…

ニュース読んで気づいたんだが、これアンディが出資してるのね。
「メイド・イン・ホンコン/香港製造」に始まり「心魔」「ギャランツ/打擂台」そして「桃姐」。
アンディが金出すと受賞率高いな。
なんか持ってるんでしょうね。

| 日記 maiko | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あーみる映画2本だて(追記)

日印グローバル・パートナーシップ・サミットでインド映画が上映されるそうです。

場所:芝公園のザ・プリンスパークタワー東京 NGOフォーラム
日時:9月6日(火)
上映作品
15:00~17:30 「3バカに乾杯!」 
18:00~19:30 「ド-ビー・ガート」

(変更)
18:00~20:30 「3バカに乾杯!」
※「ドービーガード」は後日上映されるそうです


NGOフォーラムへの登録をすれば無料で鑑賞可能!

2本ともアーミル・カーンじゃねえか。
さては内部にファンがいるな…
3バカは何度も書いてるけど面白いよ。
あっ、カリーナ・カプールに対抗すべく下のアイラインを極太にひいていかなきゃ。
「ドービー・ガート」は香港インドぶろぐさんのレビューによると微妙…でも行きます。



9/8追記

行ってきました。
セキュリティチェックを通ると、サミットの各会場に集まったハイクラスなインド人であふれてます。みんなパリっとしたスーツ。
この映画目的にやってきた一般日本人は私も含めて10人くらいでしょうか。見た目ですぐ分かります。

会場に入るとあることに気づきます。
スクリーン小っちゃ!
プレゼンするときの、あのサイズ。

そして、節電が叫ばれるこのご時勢に、極寒仕様の空調。
寒い、寒すぎる…
どれくらい寒いかっていうと、一昔前の香港の映画館を思い出してください皆さん。
天気予報晴れだったのに駅出たとたん夕立に打たれぬれネズミとなった私にはこたえました。
ああしょぼいわ、私。まだずぶぬれソングにもなってないのに一人ずぶぬれで会場入りして。

上映が始まると、何かおかしいことに気づく。
インド映画にしちゃ、画面の幅が狭い。
もしかして小さいスクリーンに映る画面をさらに小さくしないよう両端切ってビスタサイズにした?
うーん、、でも心持あーみるの顔が縦長い。

さらに見続けると、字幕がおかしいことに気づく。
1)歌詞がイタリックになっていない。
2)「。」は全角スペースか改行なのに、全角スペースなく1行表記されてる。
3)脱字や誤植が多い。例:ちょっと→ょっと/分け→分け分け
4)字幕の出るタイミングがおかしい。

したコメではきれいなタテ字幕がついていたのに、この企画のために横字幕のデータに変換した人が超テキトー仕事をしたようです。
ズタボロになってたよ、字幕。。

そしてついに画面から字幕が消えました。
んん??
いや、アスペクト比が4:3になったから画面が縦長になって字幕が切れてしまったんだ。
スタッフ、停めて早よ修正せい。

。。。

後ろの方にスタッフ何人もいるのに誰も動こうとしません。
え…
いい加減にせえよと指摘に行くとパソコン2台あって1台には上映用に作成されたデータがスコープサイズで再生され、もう1台には投影中の画像が4:3で映し出されています。
やっぱ最初からアスペクト比おかしかったってことね。
ってか、スタッフ平然としてるんですけど。
「あの、画面がおかしいから直してください」
「もう終わりますから」
「えっ、もう終わる?」

。。。

会場が明るくなり、上映は終了となりました。
2時間44分ある作品が1時間で強制終了。

ええ???

他のシンポジウムに出席してたインド人が休憩がてら母国のコメディ見てリラックスするにはいいだろうけど、
無料の上映会だからどーぞ見にきてと映画好きな一般人に呼びかけるの、間違ってない?
人に見せるための誠意がない。

わざわざ遠い会場まで来たことを非常に後悔しました。

ふざけんな。

| 映画 maiko | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだ上映中らしい

関西では元町映画館でパン祭りが始まったらしい。
「ドリーム・ホーム」のほか過去作品が見られるよ。
このご時勢で映画館オープンさして1周年で、特集組んでくれるんだからありがたい。
割引もあるし是非多くの人にコンプリートしてほしいわあ。

パン祭りチラシ

石川、福井、新潟、札幌でも順次「ドリーム・ホーム」公開されるみたいですよー。

dreamhome.jpg

| 映画 maiko | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。