廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014 印パ旅行 Part2マトゥラー

車をチャーターしてアグラ観光することにしまして、せっかくなら途中で何かローカルなもの見たいなあと思ってましたらマトゥラーという町がありました。
ガイドブックによるとヴィシュヌ神信仰の中心地で考古学博物館やクリシュナの誕生したバグワット・バワン寺院とかあるらしいのですが、運転手のラジューさんいわくバリンダーバンという町が寺院が多くていいらしいと。

デリーを出発して2時間、ウトウトしてるとサブメンが右手に大きなライオンと神様とサルを発見しました。

Maa Vaishno Devi Ashram

ええっ、なんじゃこりゃ??
とてつもなくB級感のただよう巨大なモニュメントがどどーんとアピールしているのです。
ええっ、ええーーーー????

おののいているとラジューさんが「寄る?」と聞くのでもちろん寄ってもらいましたよ。

お寺の入り口にはMaa Vaishno Devi Ashramと書いてあります。
公式サイトにはいろんな動画もあり。
セキュリティが厳しく、履物やカメラ、携帯など財布以外のものはすべて預けて中に入ります。
整備された寺院には人工の滝やいろんな神様がいたりして、まるで地方のB級テーマパーク。
朝9時からサブメンと笑い転げました。
中の写真が撮れなかったことが残念です。


次に入ったお寺は広ーい敷地にいろんなオブジェが展示してあるところで。

ヘビが

何匹ものヘビが威嚇してる。

ヘビに人食われてるし

と思ったら人がヘビに食われながら手合わせてるし!

大理石の寺院

お寺は大理石で造られてるんですが大味というか繊細さに欠けます。
中の装飾も俗っぽい。
うーむ。

尾木ママ?

尾木ママ?

マルコヴィッチの穴?

ギャー怖い!
「マルコヴィッチの穴」か

恐ろしくて外に出ると創設者の写真が飾ってありました。

ミトゥンさんのモデル?

あっ、この指…

「OMG」のミトゥン・チャクラボルティじゃないですか!

インド映画好きな人ならすぐ思い浮かぶと思うんですけど「OMG」ていう宗教を皮肉った映画があるんですね。
そこに登場する怪しい教祖にそっくりなんですわ。

OMGの怪しい教祖たち

これで合点がいったわ。

OMGより

こういうシーンもあったし。

いやー、まさか地方都市でミトゥンさんのモデルに会うと思わなかったよ。
よし、次はISCON寺院だ。

イスコン

さすが世界各地に寺院がある新興宗教。
僧衣をまとってる熱心な西洋人の信者もたくさんいます。
皆さん歌って踊ってお祈りしてました。

創設者の写真もあったのですが、

Srila_Prabhupada.jpg

ああやっぱり。
どう見ても「OMG」の怪しい教祖。

イスコンの中にはレストランや学校やおみやげ店や銀行まであって、大変にぎわっておりました。
参拝タダだし、あー楽しかった!

(1ルピー=約1.7円)
スポンサーサイト

| 旅行 maiko | 12:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胞子男イメージキャラクター務める

旅行記を書きたいのですが、すごいものを見てしまったので。

この前ランビール・シンが胞子を撒き散らしてるって書いたじゃないですか(過去ログ
そしたら知らん間にDurexのイメージキャラクターになってました。

ヒゲなしランビール

ヒゲそってさっぱりですがいやらしい目つきで(笑)
指からトランプみたく何枚もコンドーム出しそう。
いろんな味のも持ってそうとかの意見もあり。

そして出来あがったCMがこちら



すごいぞランビール。
やっぱり胞子撒き散らしてるじゃないか!
いや、durexを使うから散らかすことはないか。
期待どおりの仕事をしてくれてひと笑いできました。
しかしこのラップ、、一生懸命なところがスマホの宣伝したのに「アカン」ボタン押されまくった過去を思い出しますな。



ランビールは二度とラップやらないほうが身のためだと思います。

| 日記 maiko | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春巻の顔芸

旅行中はキャットシッターさんが春巻(チョンギュン)の面倒を見てくれるのですが写真つきで報告メールが送られてくるんですね。

「持ってきたペーストのおやつを美味しそうに舐めてます」

おやつ1

美味しそうっていうか、顔が怖い!

翌日の報告メール
「窓を見上げるとチョンギュンちゃん待っててくれましたー。いつもと変わらず元気です」

おやつ2

必死すぎるやろ!
ツメくいこんでるし!!


帰国するとキャットシッターさんがおやつを残してたので私も与えてみました。
本当にこんな顔するのかな…

おやつ3

耳ヒコーキに両手押さえで後ろにゴロン。
シッポが1cmくらいしかないんでバランス悪いんです。

おやつ4

あっ顔が…

おやつ5

前のめりで鼻にシワ寄せてるし

やっぱり春巻の顔芸というかハングリーキャットぶりは健在でした。

動画でご覧ください。



彼女の名誉のためにかわいい時の写真も貼り付けておきます。

舌出てますよ

| 日記 maiko | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014 印パ旅行 Part1デリーでホーリー

私は3年前からパキスタンに行きたかったのです。
今年は3月17日がインドのホーリー祭だし、3月末はパキスタン、フンザで杏の季節だし、非常勤講師を務めている学校も春休みだし、長期休みを宣言して行ってきました。

高菜ラーメンがマズイ

いつもの東方航空チケット(55,000円)、トランジットの上海浦東空港にて。
インド料理漬けになる前に最後の中国料理をと雪菜肉絲麺を頼んだら恐ろしくまずくて失望した。
1年前はおいしかったのに。

デリー空港でベンチ寝

夜中3時ごろデリー空港に到着し、ベンチ寝で夜明けを待つ(撮影サブメン)

定番宿のSri Aurobindo Ashramにチェックインして朝ごはんを食べます。

アシュラムの朝

サモサには甘酸っぱいソースをかけていただきます。
宿にはこのようなボウルに花が活けてあり朝から気持ちがいい。
本当にこの宿は静かで平和で過ごしやすい。おススメです!

平均スプーン3杯

給食形式でもらえるチャイには砂糖が入ってないので各自入れるんですけど、観察してたらインド人の皆さん平均スプーン3杯いれてました。

初日は車をチャーターしてデリー観光。
国立博物館、インド門、オールドデリー、フマユーン廟などまわりました。

インド門

インド門と言えば

no one killed jessicaのクライマックス

「no one killed jessica」のロケ地ですね。

チャクデとか

「Chak De! India」のトレーニングシーンでも使われてたような。

カリムホテルのバターチキン

お昼はカリムホテルのバターチキンとビリヤニ。ここのバターチキンは日本人の舌に合うやさしい味。
薄ーいチャパティがおいしかったー。

オールドデリー

オールドデリーは「Delhi Belly」や「デリーに行こう」の舞台でおなじみ。

足の角度とか

フマユーン廟で見かけたインド男子。
足の角度とか手とか、いちいち大げさなんですよね。

翌日3月17日はホーリー祭
無礼講で色粉や色水をかけあい、たまに死人も出るという激しいお祭り。

世界のホーリー祭

検索したらこんな写真ぱかりだし宿の人からも「今日は外出しないほうがいいよ」と言われる。
ホーリーは体験してみたいけど、こんなの無理。もっと穏やかなのがいい。
ということで前回の旅で友達になったリトゥ・ミタルさんのお宅にお邪魔しました。

iphoneを100均の防水ケースに入れてリキシャに乗り込み町に繰り出します。
路上スタンドの爺さんが真っピンクの粉を顔に塗りたくられ、しゃがんでタバコをふかしていたのがシュールだった。
写真撮りたかったけど止まったらうちらが標的にされるから諦める。

グンジャ
リトゥさんの家につくとグンジャというホーリーの時に食べるお菓子をいただきまして(一番左)
手作りだから甘さ控えめで油っぽくなくおいしい!

さてアパート下に音楽隊が来てホーリーが始まります。
上の写真ではケミカルの粉を使っており皮膚につくと数日間色が落ちないのですが、リトゥさんと近所のミドルクラスの方々はオーガニックの粉で祝うので安全。シャワーを浴びればすぐに落ちます。
そしてオーガニックの粉はほんのりいい香り。

正しいホーリーの祝い方

粉を手にとって相手の頬につけ、「ハッピーホーリー」と言ってハグする、これが基本です。

リタ夫妻

ラブラブ夫婦だとこれくらいハグしてもいいでしょう。

リトゥ:映画なんかでは色粉をパッと空中に放ったりするけど目に悪いからダメよ。あれは映画の中だけね。

Balam Pichkari

例)「Yeh Jawaani Hai Deewani」の「Balam Pichkari」

グラブジャムン

近所の奥さんからは手作りのグラブジャムンをいただきました。
これも甘すぎずめっちゃうまかった!
例のごとく手でつかむと熱っ!やけどします。



音楽に合わせて一番激しく踊るのはリトゥさんの旦那さん。
こんな時にかっこいい阿波踊りを踊れたら日本代表としてもてはやされるのにな。

ご近所さんと

花粉症用のメガネをかけて参戦。

こんな仕上がりです

こんな感じに仕上がりました。
あー楽しかった!

帰りはクトゥブ・ミナールに寄りましてね。
そこにはなぜかすごい人だかりができていました。
えっ、誰か有名人が来てるの?
人ごみをかき分け最前列にいってみる。

このシルエットは

えっ、このシルエットはサルマン・カーン?

どこやどこや?

もはやクトゥブミナールそっちのけでサルマンを拝もうとする人々(含むうちら)。

見えたー!!

キャー!ばっちり見えた!
(写真撮影、サブメン)

見ちゃったわ

見よ、ご婦人のうれしそうな顔!

走れー!

その後サルマンが帰るぞとなった時いっせいに追いかける野次馬たち(含むうちら)
もう一度書きますけどクトゥブミナールそっちのけ。

新作の撮影を見物できるなんてラッキーだったなあ。

| 旅行 maiko | 01:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドで見た映画3本

しばらく放置してましたが24日間インドとパキスタンを旅行してました。
以下現地で見た映画の感想など。

「Highway」
評判どおり面白かった。
アーリア・バットのくだらなさそうなデビュー作は未見なんですけど、これはすごい熱演。
ランディープ・フーダとの微妙な距離感、ロードムービーとしての画の美しさなどさすがイムティアーズ・アリ監督ですね。
ランディーブちゃんは顔にキズがあると熱演するとファンの間で話題なのですが、今回もキズ多めで萌えどころ多し!
ストールを巻き巻きしてくれるたびに鼻息あらくなったわ。

Highwayのカシミールルック
アーリアのカシミールファッションかわいい。

傷多めのランディープちゃん
ランディープちゃん

イムティアーズアリ監督
ボリウッドで三本の指に入る男前監督、イムティアーズ・アリ
(私的ナンバルワンはもちろんナゲーシュ・ククヌール監督ですけどね)


「Queen」
こちらも期待どおりの面白さ。
フラッシュバックなど映像で見せていくのでヒンディー語が分からなくても英語字幕がなくても(インドの映画館は英語字幕すらない)主人公の心情やストーリーが理解できます。
典型的なボリ映画って最後に主人公やヒロインの父親などの長い演説で感動させるんだけど、語学力のない私は肝心なところで眠くなるのよね。。
噂の中国系俳優については、ヘタな日本人が演じるよりいいんじゃないかと。「ヒーロー」のマシオカもその同僚も日本語カタコトだったし。

queen.jpg
カンガナーさんがこんなにかわいいなんて!
クラブで踊るシーンでは館内笑い声が起きてた。


「Youngstaan」
日本ロケでは私もエキストラとして現場を冷やかした本作、「Tanki Hai Hum」はハロウィンの夜にゲリラ撮影したものがいい感じに仕上がってるのに、本編は演出が古くさくてがっかり。
そしてネーハー・シャルマーの衣装がホットパンツとか谷間まる見えのTシャツとかアングルとか、衣装係によるセクハラかあれは。
まあ、主役のジャッキー・バクナーニーがスター性ないからネーハーのセクシーさを売りに出すしかないのだろうか…

youngistaan.jpg
笑うと爬虫類のような目をしたジャッキー君が気持ち悪い。
ああ、ごめんなさい。男性に気持ち悪いだなんて言ってはいけないのに…でもヒゲも歯も口も生理的に受け付けないの。ウダイ・チョープラーみたい。


話は変わって、今回の旅行でゲットしたおみやげなど。

今回の入手物

すでに見た映画も何本か。
ハウズカーズ・ビレッジのAllArtsという店でゲットしたレトロなトレーと広告。
ジャッキー・シュロフが渋すぎる。。
この人どっかで見たことあるなー思ってフィルモグラフィー調べたらナゲーシュ・ククヌール監督の「3 Deewarein」でした。
この店にはレトロな広告や映画の劇場用スチール、ポスターなどマニアにはたまらない宝がたくさんあります。ちょっと値段は張るけど、おススメ!

旧作コースター
これもハウズカーズ・ビレッジのchowkという店で買ったコースター。
右2つが分からないので誰か教えてください。

(追記) 先生から教えてもらってだいたい分かりました。
:ラージ・カプールとナルギス
:グル・ダットとマーラー・シンハー「渇き」
:デーヴ・アーナンドと女優不明
:ディリップ・クマールとマドゥバーラー「偉大なるムガル帝国」


この店には他にアミターブやミトゥンさんのディスコダンサーのネクタイが売ってあったぞ。
ハウズカーズビレッジには映画ファンや女子にはたまらない店が多かった。

パキスタン岩塩
こちらはパキスタンの岩塩、10ルピー。
クリスタルやラピスラズリなども売ってますけど私にはこれで十分です。

| 映画 maiko | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。