廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国の東端をたずねる旅 part3 長春編

吉林から電車にのって長春へ戻る。
駅の待合室にいたおばさん。

changchun1.jpg
豪快な寝方です。

電車の中には危険物の持ち込み禁止のポスターが
changchun2.jpg
なんか、最近日本の駅構内でもスポーツ選手がこんなポーズしてるポスターありますよね。

長春は満州の首都が置かれた都市で、やたら威張りくさった日本風の建物があります。
最近李香蘭に興味があったので旅に合わせて「李香蘭 私の半生」を読み、李香蘭が泊まっていたというヤマトホテル(現在の春誼賓館)に泊まりました。トイレ・シャワー共同で120元。

さて、初めての吉林省なわけですが、数日滞在して気づいたことがあります。
それは、他の省に比べて人々のタン吐き率が高いっつーこと!
今の時期日中はマイナス10~20度。外に出ると道路の上に無数の凍ったタンがキラキラ輝いています。
この凍ったタンがくせもので踏むと滑るのな。
タンですべって転んだ瞬間に車にひかれて死んだら最悪だなとヒヤヒヤしました。
たとえば他の国では道中ガムだらけで困るんだけど、ここの場合はタンですよ。

それから、北朝鮮に近いことから、朝鮮料理や狗肉料理の店が多いのも特徴です。
偏見を持たず何でも食ってやる!
が信条の私ですが、実は今まで狗を食したことありませんでした。
でもさすがに毎日店の前を通ったら、、一度は食わな。。という半ば強制的感覚に襲われ、とうとう入ってしまいました。
(※これより先、強烈な写真があるので注意)



changchun3.jpg かわいらしいワンコのネオンが。。

店内に入りメニューを見ると狗肉メニューのオンパレード
changchun4.jpg「殺猪四宝香」って
changchun5.jpg「風味醤狗手」

なまなましい肉球と骨にさすがの私も冷や汗かいてきました。

トン足食べるくせに、
にわとりの足にいたっては大好物なくせに、、
私はなんて自分勝手な人間なんだ。。と少々反省。

ねぎ炒めと狗スープを注文し
changchun6.jpg
箸を振るわせながら無理やり口に入れる。
ガクガクガク…

そー言えば、シンガポールでも“私にドリアンが食えないわけがない!”と震えながら無理やり口に入れたっけ。
あの時ドリアンは克服したけど、狗はもう無理やろな。身近すぎて。
スープなら大丈夫だろうと思って口にした瞬間、狗の怨念が染み出したスープかあ。。。と泣きそうになった。

この話をエイミーにしたら、子供の頃飼っていた犬を目の前で父親に殺され(水に突っ込み溺死させる)村民で分け合って食ったことがあるそうな。
お前も食え!と言われ、泣きながら自分の飼っていた犬を食った思い出があるそうな。
スポンサーサイト

| 旅行 maiko | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/163-3dc6634b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。