廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吹替えについて小言

見るつもりもなかったんだが、風呂上りに「カンフーハッスル」やってたんで後半から見てしまった。
やっぱつまらん。
おもしろない。
なんつーか…吹替えのセリフに味わいがない。
もともとシンチーファンだから本人の声をひいきにしてしまうのはあるけど、吹替えのセリフがあっさりしすぎなんだよ。
なんでだろと思ってじーっと大家さんのセリフ聞いてたら分かった。語尾に「んだよ」「ねえ」「さあ」「なの」とかの表情がなくて、ブツブツ切れる。それにいちいち説明くさい。説明くさい字幕と吹替えのセリフは嫌いじゃ。まあ、原音からそういうセリフなのかもしれないけど。

吹替えはやり方によっちゃあ字幕より面白くなるわけで、それを知ってからはDVDでも必ず字幕版と吹替え版をチェックするようにしてる。
この前も書いたけど「プロジェクトBB」は、あんなにつまらないのに吹替えでは1.5倍面白くなってた。
他にも「花より男子」のようなテレビ放送を前提とした台湾アイドルものは吹替えのほうが面白くなる場合が多い。理由は…役者が新人で演技ヘタなのに比べ日本の声優はベテランで表現力豊かだから?あと製作側の予算が十分にあるんじゃないかと。
でも、基本的にアジア圏の映画の吹替えは面白くないし違和感がある。
逆に、英語からの吹替えはうまいのが多い。ドラマだと断然吹替えっしょ。
映画では「ブルース・オールマイティ」は字幕と吹替えじゃ面白さがぜんぜん違うんで、吹替え翻訳者の名前をチェックしてしまった。まじ目からウロコの訳が多いんだよ。このDVDは特典映像でジム・キャリーのすごさが爆発してるのもウロコだった。

んー、アジア圏でも面白い吹替えが増えるよう、まずは自分が努力せんといかんですね。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/32-25f04197

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。