廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「オルグヤ、オルグヤ…」

監督:顧桃(グー・タオ)
内モンゴル北部に暮らすエヴェンキ族は、政府から狩猟を禁止され、新しい居住区へ移住させられた。しかし、彼らの一部はオルグヤの森に戻り、昔ながらの生活を続けている。夫と死別し、子供とも離れて暮らすリュウ・シアは、アルコールが手放せない。弟のウェイ・ジアも、目標を見失って酒びたりの日々。そんな彼らを酋長のマリアが見守る。時はゆっくりと流れ、遠くにトナカイの声が聞こえる。(ドキュメンタリー作品)
aoluguya.jpg

映像は内モンゴルの根河(ゲンホー)駅から始まります。
2年前に旅行したとき列車で通過しました。
だから、この地域の風景とか、山とか、すごく懐かしかったです。
冬なら列車から見える景色ってこんなん。
内モンゴルの車窓から 寒い。

地理的にはこのような位置にあります。
根河市

<見どころ>
実にツマラナイ紹介文ですが、本当はかなり強烈なおばちゃんが登場するんです(写真右)。
ヘベレケの状態で「役人は罵ってやれ」とか「江○民はクズだ」とか言うのは序の口で、「ババアをかみ殺せ!」と飼い犬に命令したり。
挙句の果てに弟をイスで殴り流血させます。
一瞬、コイツ死んだなと思いましたが
「エヴェンキ族は女性を敬うんだ」と許す弟。
ハードな姉弟です。
「食神」の金剛像たちを思い出しました。
金剛像たち

犬にチュッチュ、シカにチュッチュ。
でも、犬を溺愛するのも、トナカイを溺愛するのも、離れて暮らす息子を投影してるから。
気分が乗ればポエマーと化します。
「太陽は私たち狩猟民族の心を照らしてくれる」
「太陽は私の母親で 月は私の父親なんだ そして星が息子だよ」

そうやって微笑むリウ・シアが最終的には瀬戸内寂聴さんに見えてきます。

個人的に一番愛着のある作品です。
お見逃しなく!


追加)
顧桃(グー・タオ)監督のポートレート。
gutao.jpg
ケモノの肩掛けにシカの角。
こんなハードボイルドなファッションが似合う人はなかなかいませんよ。他に古装ドラマで活躍のクマッチ巴音さんくらいですか。
出演者よりハードキャラだったりして。
来日する予定なので、とても楽しみであります!

公式サイトへ
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 02:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/344-243e4543

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。