廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

合宿3

謎のタイトル
「ジーンズ 世界は2人のために/JEANS」
監督:シャンコール
主演:アイシュワリア・ラーイ、プラシャーント

双子のインド人青年の結婚をめぐる大騒動を描いた娯楽大作ってことですが、冒頭この双子が白ブリーフ一枚で並んで立っているところから最後までカルチャーショックの連続でした。


必見!
「ミモラ 心のままに/ HUM DIL DE CHUKE SANAM」
監督:サンジャイ・リーラー・バンサーリー
主演:アイシュワリア・ラーイ、サルマン・カーン、アジャイ・デーウガン

(あらすじ キネマ旬報より)
高名な音楽家を父に持つナンディニが、イタリアからインド音楽の勉強に来た青年・サミルと出会う。次第に惹かれ合うようになった2人であったが、両親がナンディニの結婚相手を決めてしまい…。

アイシュワリアのぶりっ子なセリフまわしが若干鼻につくものの、めちゃめちゃ面白かったです!!
サルマン・カーンはうわさどおり頼んでもないのに脱ぎます。
ヘンな踊りするし。
そして落ちてきたシャンデリアを止めた瞬間

ルルル~ルル~♪

恋に落ちましたソングIN。
師と仰いだナンディニの父親のことを「あの男嫌いだ」とおかんに泣きついたり
イタリアでナンディニと再会して「これでハッピーエバーアフターだね」と両手を広げたりして
嗚呼…筋肉バカの決定版。

しかし、後半の演出に落ちました。
音痴だが誠実な弁護士ヴァンラジの献身的な愛に少しずつ心が揺れ動くナンディニ。
ヴァンラジ役にはアジャイ・デーウガン。

白いスーツがお似合いです

若干濃いけど私ラウちんファンなんで全然問題ないです。

アジャイ君の腕

昨今の日本男児は毛が薄く腕だけで中国人か否か判断できずに嘆いておりましたのに、見てくださいこの剛毛!
男らしさの象徴です。

アジャイ君が一目ぼれするダンスシーン。





なんたって復讐劇!
「地獄曼陀羅 アシュラ/Anjaam」
監督:ラーフル・ラワィル
主演:マードゥリー・ディークシト、シャールク・カーン

「この映画を日本に紹介できる日が来るなんて、、感無量です」というポップを見るたびに気になっていた10年。これを合宿の最終作品としました。

最初はスッチーに一目ぼれして妄想ソング踊っていたシャールク。

仰向けなって
立って

「ディル・セ」もそうだけど、こんな撮影ばかりして今までよう死なんかったね。あっ、運動神経いいのか。

振り向いてもらえないのでスッチーを痛めつけます。
夫を殺し、冤罪で刑務所へ入れ、酔っ払って姉と子供をひき殺します。夜の刑務所は政治家の売春宿となっており逆らったスッチーは女看守から腹を殴打され流産…
血に染まった囚人服のまま立ち上がり(それでもストールがなびく)

マードゥリーさんの踊りも見所
「もう涙は枯れ果てたわ」

そして復讐ソング。
復讐の女神を称えよぉ~~♪

ここからの容赦ない復讐劇が楽しくて仕方なかったです。
DVDレンタルもあるし、ぜひテンに見てもらいたい1本だなあ。


合宿を終えて。
日本語字幕つきで何本か見ましたが、ほんとに大作ばかりですごかったです。
だいぶボリ映画に慣れてきました。
ヒンディー語もいくつか覚えた。
きよん?=なぜ?
きや?=何?
くちね=何でもない
ぴゃーる=恋、愛
じー=はい、Yes
なひーん=キャー!、イヤーッ!、ダメー!、No
あちゃ=そう、ふーん、あら、そう?
(※いろんなシーンでやたら「あちゃ」言ってる。中国語なら「是嗎?」と同じか)
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 21:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ミモラ~ミモラ~♬日本で公開もされましたね。この時チャリティー映画祭でシャールク様が来日して私は○○したのですよ。
それはどうでもいいとして、「ミモラ」はイタリアが舞台の振りしてロケ地はハンガリー。ハンガリーの名所満載、キャストは堂々とハンガリー語を話しているのにイタリアとなっているところにインド映画初心者で、当時東欧通いばかりしている私は驚きました。

| M女史 | 2010/12/02 23:56 | URL | ≫ EDIT

実はアシュラは数年前にチェック済みどす。
復讐もの好きだもんで。
松っちゃんもシネマ坊主ってコラムで高得点付けてたよ!

| テン | 2010/12/03 00:03 | URL | ≫ EDIT

M女史:
シャー様ってめったに来日しないんですよね?それで接近できたってうらやましいわぁ~
>ハンガリー語
それで堂々とイタリアって言う強引さがC国にも似てる気がします(笑)

テン:
さすが復讐マニア!
「アンジャーム 復讐の女神」ってタイトルで99年にファンタで上映されたらしく、その場にいたらどんなに楽しかっただろうと思うよ。

| maiko | 2010/12/03 18:55 | URL | ≫ EDIT

あう!インド人双子のブリーーーフ姿!
そのシーンだけでごっつぁんです~

友人二人のダンナさんインド人なんですよ、
濃い濃い濃い!!
そばにいるだけでムワっとした熱気が来ます。
それに妙~に女性にやさしい。
それに妙~な色気があるというか…。
アジア人男性とは違うところですなあ。

そそ、インド人は毛深いよね!
残念ながら生のは腕しかみたことないけどー。

| 阿銀 | 2010/12/04 19:44 | URL | ≫ EDIT

阿銀姐:
ボリ合宿終えたばかりなんで、今インドのこと知りたくてしょうがないんですよ。
そのお友達はやっぱり既婚者の証として額に赤いマーク着けてるのでしょうか?お祭りのときはターバンなんでしょうか?

>妙~に女性にやさしい
段差があるだけで手を差し伸べるとか?
色気があるのも香水つける人たちだからでしょうか。

>インド人は毛深い
映画見てると胸毛生えてスタンダードに思えてきました。
昔はハリソン・フォードとショーン・コネリーしか許さなかったのに…
ギリシャ神話みたいなヒゲの人も多いですよね!

ブリーフと言えば…先日「独身男」という映画でまた赤パンで情事に挑むジジイを見ました。年男なのか、50、60ときりのいい歳なのか…

| maiko | 2010/12/04 22:19 | URL | ≫ EDIT

赤パン爺、確か厄年の歳に赤パン履くとか…。
にしても観たくないわ~爺の情事(爆)

インド人妻、
一人のダンナはヒンドゥー教徒、
もう一人はシーク教徒です。
二人とも紅いポッチはないです、日本では…。

| 阿銀 | 2010/12/05 20:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/512-a3e10877

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。