廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「きのう、平和の夢を見た」

上映会、2本目はベトナム映画「きのう、平和の夢を見た/Don’t Burn」です。
監督:ダン・ニャット・ミン(Dang Nhat Minh)
主演:ミン・フーン(Minh Huoug) マシュー・コークス(Mattews Korchs)

(あらすじ)
2005年の春、ハノイに住む年老いた母親のもとへ、1冊の日記が届けられる。1968年から2年間、国家解放戦線の戦地病院で働いていた若い女医が、死の直前まで書き綴ったノートだった。その古い日記は、ベトナム戦争に従軍したアメリカ人将校が戦地で見つけ、35年間保管していたもの。ベトナムで出版され、国中にセンセーションを巻き起こす。ベトナムを代表する監督ダン・ニャット・ミンが映画化した。ベトナムと米国を結ぶ長い旅路を、実話に基づいて描いた感動作。

きのう、平和の夢を見た ポスター

映画は淡々と女医の日々をつづっていきます。
ベトナム語の民謡や日記を読む響きの何と美しいことか。
特にここで盛り上げようとか、泣かせようとかの演出はなく、清らかで情熱的な心を持つ女医の日記を通して戦争の悲惨さ、命の尊さが見えてきます。

きのう、平和の夢を見た

「この戦争で 人が死ぬのは簡単」
「きのう、平和の夢を見た」
実家で待つ母にあてた一文に、はらはらと涙が止まりませんでした。

女医の日記を燃やさず大切に保管していたアメリカ人将校、誠意をもってこの映画をつくった監督の心意気がすばらしい。
そしてこの作品を上映したアジアフォーカスと観客賞に選んだ福岡の皆さんにも拍手を贈ります。
去年の東京国際で面白かった「伝説の男」もアジアフォーカス出展だし、ベトナム映画を見るなら福岡ですね。
アジアフォーカスディレクターの梁木靖弘さんいわく、福岡のお客さんはベトナム映画好きらしいです。

今回の上映会はアジアフォーカス福岡国際映画祭の20周年を記念したイベントで、この2本以外にインド映画「私はガンディーを殺していない」、ベトナム映画「アオザイ」が上映されました。
いずれもフィルム上映で料金は500円。

「前回は10周年を記念して東京で上映会やったんですよね」

10年に1回て、えらいスパン開きすぎじゃないですか??
次はまた10年待たないかんのですか?

福岡市総合図書館に世界有数のアジア映画アーカイブを有して、図書館では毎月特集を組んで上映会してるなら、もうちょっと東京でも上映してくださいよ!
10年も待てないので、毎年やってください!
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 02:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

10年にいっぺんしかやらないのは、基本、コレクションは福岡市民の税金でやってるからとか・・。
でも、せめて隔年くらいでやってくれてもいいですよね。
よさそうな映画、みてみたいです。女医さんかわいい。

戦争中にベトナム軍が撮っていたビデオというのを昔テレビでみたけど、これもなかなか貴重な映像でした。攻撃作戦の映像もあるけど、いたいけな若い兵士(男女)の映像なんかもあったような。アメリカももちろん、同様のものを撮っているのだけど、アメリカはカラー。ベトナムのはモノクロ。しかしゲリラ戦を戦いながら記録も撮るというのが偉いなあ、と。そんなことを思い出しました。

| ゆずきり | 2014/06/15 19:27 | URL | ≫ EDIT

そうよ、せめて隔年でやって!!
ベトナム戦争ものはなかなかヘビーなの多いけど、この作品は何度でも見たいです。
記録映像、アメリカとベトナムで違うし、ベトナム北と南でも違うでしょうね。
旅行してみたら激戦地となった中部がいちばん雰囲気よくて食事もおいしかったです。

| maiko | 2014/06/16 19:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/561-d4af3ad6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。