廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「RAKHT CHARITRA」1&2

RAKHT CHARITRA

インド映画初心者の私が自分で良作を探すことは無理なため、香港インドブログさんのレビューを参考にDVDを購入してるんですが、これは…

超ド壺にハマりました!

インドの実話モノであり、血を血で雪ぐ復讐モノであります!

「黒社会/エレクション」系の暴力が好みな方は絶対におススメです。
もともと香港映画ファンの私がインド映画にハマってしまったのは、あーやっぱり共通点があるからなんだなあと認識しました。
純正な香港映画が絶滅の危機にあるとき、悶々としたフラストレーションを別の国の映画で解決できるとは思いもよりませんでした。
カメラワークや音楽もgood!
詳しいストーリー、解説はポポッポーのお気楽インド映画さんも参照してください。

香港映画でチンピラが人殺しに使う武器と言えば昔も今も牛刀ですが、
インド映画では鎌!

この鎌で、時間かけて殺したるねん

どいつもこいつも鎌使いがハンパねえ!
そりゃ銃撃戦もありますよ。でも追い詰めておいて最終的には斧で血祭りにあげます。
ああ興奮するー!

もうねえ、この映画で主演してるヴィヴェク・オベロイがかっこよくて。
普通の大学生だったのに、父と兄を殺されて復讐の鬼と化すんですよ。

鎌に黒フードがかっこいい!
あたしも睨まれたい

かっこええ!
こんなヴィヴェクににらまれたら、ホレずにいられまして??
のちに政治家となってヒゲをそり落とし上下白でキメてくれるのもステキやった。

パート1でヴィヴェク演じるプラタープと敵対するのはアビマンユ・シン演じるブッカ・レッディー。
こいつの畜生っぷりがすばらしかった。
ブッカ・レッディー

パート2主演のスーリヤ。
パート1では鎌合戦だったのにパート2では肉弾戦を繰り広げます。
敵を追い詰めたあと手元に武器がなかったので木を引っこ抜いてとどめを刺す!
なんとも原始的で肉肉しゅうございました。
木の根っこでとどめ!

基本男くさい映画ですが女性陣も存在感あって、特にプラタープの妻を演じたラディカー・アプテーがよかった。
パート2でプラタープが追い詰められていく中での夫婦のやりとりに、ぐぐっと引き込まれました。

パート2の演技に泣かされたわ


インド映画って長丁場なので途中休憩したり集中力切れてしまうこともあるんですが、これは一気に駆け抜ける感じ。
パート2が終わる頃には暴力が暴力を生み出す連鎖についてよく分かる演出になっていて、ラム・ゴパル・ヴァルマ監督すげーよ!いいもん見してもらったと大満足でした。
ちなみにプラタープのモデルとなった人物Paritala Raviは2005年に殺害され、スーリヤのモデルとなった人物Maddelacheruvu Suriは今年1月に殺害されたそうです。
すげえよ、インド。。


おススメ)
・復讐マニア
・最近刺激が足りない人
・血しぶきを浴びたい人
・「黒社会/エレクション」好きな人
・コワモテ好き
・鎌とか斧とか木の根っことか、原始的な戦いが好きな人
・かっこいいオープニング、エンディングにワクワクしたい人

残酷シーンを集めた映像。
はぁー興奮する!



マジおすすめ!
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

木の根っこで肉弾戦を繰り広げる男たちの映画があると聞いて
久しぶりにコメント欄に来ました。

| テン | 2011/09/17 01:09 | URL | ≫ EDIT

フフフ…復讐マニアのあなたにおススメの映画ですのよ。思わず鎌と斧で復讐ごっこしたくなるはず。
木の根っこで戦う人は南インドでスーパースターらしい。

| maiko | 2011/09/17 01:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/607-a8a564eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。