廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感想など1

「備えあれば」(中国)
これ、評価している文章をあまり見かけないのだけど…すっごく面白かったです。
「スーツケース」、「光栄的憤怒」に続き、呉剛さんて巻き込まれ型の男がほんとよく似合う。
でも今回は最初に麻雀が強いってところを見せてもらってたので一筋縄ではいかんぞって期待して最後まで見れました。
最後に警察が出てきて金鉱は国に託すってシメは検閲を通すためなんでむしろ潔い、中国国内じゃ本気にする人おらんしさ。
この映画は途中のエピソードやセリフを楽しむものであって、コメディ用に少し誇張された演出になってたもののリアルだったですよ。
「最近じゃ上を目指す詐欺師がいろんな資格を取ってるのさ」
「その資格って本物?」
「非常事態にこそ人間性が出る」

「TATSUMI」(シンガポール)
別所さんの舞台あいさつが熱かった!&実物はやっぱかっこいいね。
各エピソードの結末が強烈。嗚呼、おさるさん…
親子ファッキンで液体をドピュッと巨大スクリーンにぶっかけ「これが本当のグッドバイや」て、エーッ!

「あの頃、君を追いかけた」(台湾
「このクラスで金を盗んだヤツ誰だと思う?犯人だと思う人を書け」
そう言う大人に反抗するチアイー&クラスメート全員。
こん時、ああ台湾ていいなー思った。
C国だと反右派闘争や文革など密告の歴史があるからねえ、嫌な気持ちなるわ。

「大草原の独身男」(クロアチア=フランス)
ここ数年、独身男モノが多いですねー。
世界的に嫁不足?

「香港四重奏」(香港)
実は「パープル」が一番好きなんです。
おじさんと亡くなった奥さんの会話がなんと愛に満ち溢れているか。クリスマスプレゼントにジュエリーを買うために必死に貯金したというおじさん。それに比べ若い子は仲直りの花を買うにも安いのはないかってケチる。真実の愛を見つけるにはまだ時間がかかりそう。ブリランテ・メンドーサ監督の作品って他に見たことないのだけど、懐の大きさを感じました。
逆に納得できないのはM…ではなく(笑)「上河図」。13分の乗車中に旧友と想い出話してふざけてケンカして居眠りして仲直りって時間おかしくない?つーかレストラン買収できるくらい金持ちならタクシー乗れよ。おばさんたちの演技(演出)も古い。唯一家棟さんがかっこよかった&最後のセリフが救いか。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 17:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。「香港四重奏」観ました。
何を勘違いしたか、オムニバスの中に1話ホラーがあると思い込んでおり、なにやら雰囲気で「M酒店」がそうだろーと、ドキドキしながら観ていました。
途中、音楽が緊迫した雰囲気になり、男の子たちのいる部屋の向かい側のマンションの1室のカーテンが、かなり不自然に斜めになっているのに気づきました!おおー変化が出てきたなー。と心拍数が上がったところで終わってしまいました。
一緒に行った友だちはカーテンには気づかず、私は見終わっても「ホラー」の先入観が抜けず・・・普通に録音したのになぜか音が不明瞭になるホテルの話か?とか、向かいのマンションの窓にいろいろ霊が映っていた?とか。しばらく悶々としました。
もち米チャーハンがすごくおいしそうで、いつか食べてみたいと思いました!

| カプースタ | 2011/11/02 23:52 | URL | ≫ EDIT

はじめましてカプースタさん。
>見終わっても「ホラー」の先入観が抜けず・・・
エッ、そんな見方もあったんですね。
私は…早く終わってくれと願いつつ、両隣の男性が船をこぎ始めたので周りの観客を観察してました。3割がウトウトしてるか首を斜めにしてるかで、残りは何が起きるんだろと見入ってました。
もち米炒飯、私も食べたことないんです~
次香港に行ったらマストですね!

| maiko | 2011/11/03 01:12 | URL | ≫ EDIT

やはり、ホラー説などなかったのですねwどこでどう勘違いしたのやら。。今となっては、あのカーテンがなんであんなに斜めだったのか、気になります。
私も劇場内で気持ちよさそうな「ゴォー」といういびきを聞きました。気持ちはわかるなーとも思いつつw
話は変わりますが、「大時代」面白そうなので入手してみようと思いました!らうちんのブリーフ姿興味あります。

| カプースタ | 2011/11/03 21:16 | URL | ≫ EDIT

「大時代」、らうちんのお父さん(ダミアン・ラウ)時代のエピソードがしっかりして後半に生きてきます。今ではすっかりかっこよくなった家棟さんが証券マンとして終了間際にチョロッと出てきますよ。
見始めたら怒涛の1か月になること必至!お楽しみに。フフフ…
らうちんのブリーフ姿…しなやかな脚のラインで実はスタイルいいこと分かります。あーでも映像モヤッとしすぎてほんとリマスター版出てほしいわ。

| maiko | 2011/11/03 22:29 | URL | ≫ EDIT

おおー楽しみです!調べたらVCDは入手できそうです。
らうちんは意外や背が高いんですよね。顔は味があって、好きな俳優さんです。
>今ではすっかりかっこよくなった家棟さん
その辺もチェックポイントですね!見つけます。

いつもこちらで紹介されたことを参考に映画を観たりしております。書き込みをめったにせず、失礼をしてすみません。
またお邪魔させていただきますね。



| カプースタ | 2011/11/05 11:31 | URL | ≫ EDIT

>いつもこちらで紹介されたことを参考に映画を観たりしております
おお~ありがとうございます!
他にもいろいろ見てるんですがレビューが追いついてません。
これからも気軽に書き込んでくださいな!

| maiko | 2011/11/06 06:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/619-ea9b04c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。