廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国インディペンデント映画祭2011 開催のお知らせ

開催まで1か月を切りました。
主催者からのお知らせを転載します。



12月3日(土)より、東京のポレポレ東中野にて中国インディペンデント映画祭2011が開催されます。
中国インディペンデント映画祭は2008年8月に第1回を、2009年12月に第2回を開催し、これが第3回となります。
中国の成長に合わせるかのように、映画祭も回を追うごとに進化してきました。
今回は作品数も最多の10本、そしてすべての作品の監督がゲストとして参加する予定です。
中国でのインディペンデント映画を取り巻く状況も少しずつ変化を見せており、これまでのような完全に自己資金で製作するものから、ある程度の出資をうけて製作される作品へと変わってきています。
それも、海外のファンドばかりでなく、中国国内からも資金が集まるようになってきました。
とはいえインディペンデント映画をとりまく中国国内の環境は依然として厳しく、上映する機会が非常に少ないうえ、特に昨年から今年にかけては政府が民間の映画祭を中止させるなど、圧力が高まってもいます。
しかし、こうしたインディペンデント映画だからこそ、激動する現代中国社会で生きている人々の不安感や、庶民の強かさがリアルに描かれています。
特に今回は、地方政府のトップに密着取材した『書記』や、経済発展のための犠牲を強いられる村人を撮った『天から落ちてきた!』、社会の下層と呼ばれる人々のたくましさを描いた『占い師』など、今の中国を象徴するような人々を撮った優れたドキュメンタリーがあつまっています。
また、中国初のインディペンデント長編アニメーション『ピアシングⅠ』など、話題作も多数登場。
商業映画からは知ることのできない、素顔の中国をうかがうことができます。
ますます目が離せない中国インディペンデント映画をどうぞお見逃しなく。


【期間】2011年12月3日(土)~16日(金)
【会場】ポレポレ東中野(http://www.mmjp.or.jp/pole2/)
【公式サイト】http://cifft.net/


【上映作品】
『花嫁』監督:章明(チャン・ミン)
『冬に生まれて』監督:楊瑾(ヤン・ジン)
『歓楽のポエム』監督:趙大勇(チャオ・ダーヨン)
『独身男』監督:〓(赤にオオザト)杰(ハオ・ジエ)
『ピアシングⅠ』監督:劉健(リウ・ジェン)
『天から落ちてきた!』監督:張賛波(チャン・ザンボー)
『恋曲(こいうた)』監督:張賛波(チャン・ザンボー)
『占い師』監督:徐童(シュー・トン)
『ゴーストタウン』監督:趙大勇(チャオ・ダーヨン)
『書記』監督:周浩(チョウ・ハオ)


【チケット情報】
当日券:一般1500円/大学生・専門学校生1300円/中学生・高校生・シニア1000円
      3回券3600円(ポレポレ回数券[10回券10000円]もあります!)
前売券:3回券3600円
     前売り券は劇場窓口、チケットぴあ(Pコード:463-222)で発売中


【お問い合わせ】
中国インディペンデント映画祭実行委員会(中山)
Email info@cifft.net
ポレポレ東中野 TEL:03-3371-0088  FAX:03-3362-0083



中国映画というと近年のバブリーなイメージをもたれる人もいるかもしれませんが、上の文にもあるように中国のインディペンデント映画は商業映画とは気質が異なります。反骨精神のせいでむしろ政府から圧力をかけられていることを念頭におくと、より映画祭を楽しめると思います。

実は今回の映画祭、もともと初夏を予定しており3月頭には字幕作業も追い込みに入っていましたが、震災により一旦先送りに。
ようやく落ち着いて12月に開催日を決めたら唯一のスポンサーである中国企業が財政悪化を理由にスポンサーを降りると言ってきて…それが開催の2か月前。というかついこの前。
第一回、第二回はスポンサーなくて、今回初めてスポンサーがついたおかげでたくさん監督呼べる予定だったのに、どーすんの?と迫ると「一回目のときも二回目のときもこれで最後と思ったけど、今回が本当に最後になるかもしれない…」と青ざめる主催者。
サポーター制度として義捐金を募ると多くの人が支援してくれてギリギリ予定通りゲストを呼べることになったという
紆余曲折を経ています。

スケジュールも発表されて(ココ)土日はすべての回でゲストが登壇する予定です。
支援者の善意によって来日かなうゲストたち。
まさに映画ファンがつくりあげる映画祭となりました。

宣伝不足でまだ映画祭のことを知らない人が多いので是非口コミで広げていっていただければと思います。
公式ツイッター(ココ)でも情報をつぶやいていますのでフォローしてみては。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/624-ac15ab5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。