廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

No One Killed Jessica

no one killed jessica
監督:ラージクマール・グプタ
出演:ヴィディヤ・バラン、ラニ・ムケルジー

(あらすじ)
1999年、デリーのバーで酒の提供を拒んだジェシカが銃殺された。犯人は有力政治家の息子マニーシュ。目撃者が大勢いたにも関わらず、裁判が始まると次々と証言を翻し、2006年、ついに無罪の判決が下る。
翌日の新聞の見出しは「No One Killed Jessica」
敏腕ジャーナリストのミーラ(ラニ)は取材を開始し、次々と証人が買収されていた事実を暴いていく。心身ともに疲れきって心を閉ざしていたジェシカの妹サブリナを説得して立ち上がる。

(感想など)
金と権力さえあれば司法はどうにでもなるって、どっかの国と似てますね。
最初に「事実とフィクションを混ぜた」とあるんですが、映画で起きていることはほぼ事実らしいです。
ポポッポーのお気楽映画インド映画」さんと「これでインディア」さんの解説が分かりやすいんで読んでみてください。

ラニ サブリナ(本人) ヴィディヤ
左ミーラ役のラニ、中サブリナ本人!、サブリナ役のヴィディヤ

ジェシカ(本人)
殺害されたジェシカ本人、モデルだったらしい。

マヌ・シャルマー
加害者マヌ・シャルマー本人(映画ではマニーシュという役名になってた)

Shayan_Munshi.jpg
目撃者のシャヤン・ムンシー(映画ではヴィクラムという役名)は事件のあと俳優デビューしていて。(えっ?)
「ヒンディー語は話せない」という証言がウソだとバレて高飛びしようとしたところ逮捕された。
が、今でも俳優として活躍中。
(エーッ!)
何なの、インドて。。

インドの実話モノって多いみたいだけど、これはドラマとしての演出がすばらしく、一気に見てしまった。
ムダなシーンがなくて、かなりレベル高いです。
サブリナが疲れてぼーっと道を歩いていると野ゾウにぶつかりそうになって、あっインド映画やったと思い出しました。
そうそう野ゾウに注意
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/659-4e0d111c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。