廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画祭後半

「火の道」
子供のヴィジャイを見つめるリシ・カプールの目つきが!
海坊主ルックでにやりとするサンジャイ・ダットが!!
と興奮していたのですが
背中をグサッと刺されて、腹もグサグサッと刺されたのに肌つるり&流血なしのリティクに目をこする。
あれっ、目の錯覚?
「さっき腹刺されたよね?」と思わずサブメンに確認しちゃったじゃないか。
Q&A後、カラン・マルホートラー監督になぜリティクに躍らせなかったの?と聞いたら
「悲しみをかかえたキャラクターを考慮して」とのことでした。
あーよかった、ヴィジャイがイカ踊りせんで。
カラン・マルホートラー監督

「虹の兵士たち」
物語はゆっくりエピソードをつづっていき、終盤にかけてさわやかな涙を流すことができました。
こんな素敵な映画をかける福岡アジアフォーカスってやっぱいいわね。

「夢追いかけて」
「虹の兵士たち」の続編。主人公が高校生になり悩みに悩む…
子供のころからダンドゥットの創始者ロマ・イラマのポスターが家に貼ってあり、よく曲もかかるんだけど私あんまりロマ好きじゃないんで知らんのよな。
代わりにカメラ目線で歌手が歌うインドネシアの民謡「RENTAK」には心躍った。インドネシア・マレーの8分の6拍子ダンスナンバーっていいよね。



♪パクティパクティブンサラ グタンベタールラール♪
なぜ私がこの曲を知ってたかというと、昔サンディが「airmata」というアルバムでカバーしてたから。

私が知ってるロマ・イラマの楽曲は「ブガダン」くらいしかないな。


「天女伝説プー・チュク・ソー」
待ってましたのカンボジア映画。
60年代のカンボジアで、こんなに映画がエンターテイメントとして成熟していたことに驚く。
コメディ色が強くて俳優たちの演技もうまくて、それに主演俳優はマッチョ。胸が盛り上がってるのよ!
でもティーチ・インでクメール映画の父と呼ばれるティ・リム・クゥン監督が「この映画に出ている俳優は亡くなってしまいましたが…ここで上映できる喜びを皆さんと分かち合いたい」みたいなことをおっしゃって、ボロボロ泣けてきた。
主演女優のディ・サヴェットさんは一時国外に逃げて、今ではカンボジアに戻り女優を続けてることが分かったのだけど、主演俳優のチア・ユットゥンさんは調べられなかった。誰か知ってたら教えてください。

Puoh_Geng_Gong.jpg
「怪奇ヘビ男」
脱いじゃおっと!by継母
もう、めちゃめちゃ楽しかった。
呪術師が「何が愛じゃー!」てキレて、内臓を引きずりながら生首だけで食糧調達に行き、インコが大活躍。てか、魔法の指輪はインコが取ってあげればよろしいのに。
子供の頭にリアルヘビが何匹も乗っかってにょろにょろ動いてるシーン、ハラハラしながらアレこんな画どっかで見たことあるぞと思ったら「蛇女」という近年のリメイク版をaronさん家のオールナイト上映会で鑑賞済みだった。
ああ…ここで繋がったわ。
蛇女

ティ・リム・クゥン監督

ティ・リム・クゥン監督と握手したら温かくて力のこもった手だった。
こんなエンターテイメント大傑作を命がけで国外に持ち出したって本当にもう…(泣)

正直アジアの風のプログラミングディレクターが変わってから不満ばかり述べていたのですが、今回のカンボジア特集は本当にすばらしかったです。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 05:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今年は「火の道」だけしかTIFFは見に行きませんでした。

あたしも、あれだけグサグサさされたヴィジャイの傷口が、瞬時にふさがってて、あれ?あれ?って思ってました。

でも、1人で見に行ってたし、周りに誰も見てる人がいなくて、確認できなかったので、こちらで安心しました。

やはり、あえてのダンス封印だったのですね、リティックは。
しかし、あのぐんぐんぐなーでのちょこっとだけのダンスが、ちょこっとなのにただものではない感じで、ワクワクしました。
あのくらいのもいい塩梅だったと思います。

それから、ヘビ男は予想通りの面白さ、でしたか。
ああ、一般公開、してほしいなあ。

| やっほー | 2012/10/31 21:47 | URL | ≫ EDIT

リティクのダンス…苦手なんですよねー。ほらほら~僕の踊りを見て♪ってヒザをぐにゃんぐにゃんにさせるところが。それでかたくなにイカ男と呼んどります。
プリヤンの下町娘な踊りはよかったです◎

ヘビ男とプー・チュク・ソーは、映画祭で監督とご家族をお迎えして鑑賞する企画がよかったと思います。

インド系なら「聖者からの食事」もよかったですよ。
シャーがrab ne bana di jodiで参拝する金ピカ黄金寺院のまかない食をボランティアが作ってるってドキュメンタリーなんですけど、インド人がやたらとカメラをガン見してるのがツボでした《笑》

| maiko | 2012/10/31 22:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/723-7c23727c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。