廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド 再会の旅 part2~アーメダバードで友と再会~

デリーを夜20時に出発したラージダニ急行は定刻どおり翌朝9時半にアーメダバードに到着。
16キロのバックパックに斜めがけバッグ、フロントに2リットルの水入りリュックを抱きかかえヨロヨロと列車を降ります。
私の体重が43キロだからおよそ半分の重量か…ふらつくはずだわ。
早くこの荷物を降ろしたい、、と思ってるとホームの端からアーメダバード在住の友達が走ってくる。
ああ、やっぱり迎えに来てくれたんだ。

私が今回グジャラートを旅した理由の1つ、それは夏にラダックで知り合った4人のライダーたちがみんなグジャラートに住んでいるから。
知り合いを訪ねると旅のテンションも上がるもの。

ぱりっとしたオシャレなシャツを着た友サニーが満面の笑顔で近づき、がばっとハグしてくる。
苦しい。。
私は一刻も早く荷物を置きたいのですよ。

とりあえずバックパックを友に持たせ、駐車場に移動します。
途中売り込みをしてくる無数のリキシャ男に「マイカーで来てるから」と一蹴する友。
学生の分際でバイクで旅をし、車を乗り回し、朝から香水つけてヒゲも整えてるシティーボーイめ。
でも見知らぬ町で知り合いが迎えてきてくれるって、いいですねえ。
今までの旅ではそんな経験なかったなあ。

一旦荷物を置くとまた駅前に移動。
すると、おっさん顔の若者で私を驚かせたリーダーがいるじゃないですか。
古いバイクを売るということで駅前で手続きしてました。

バイクを売る友

リーダー:ところでホテルは予約してるのか?
maiko:してないよ。これから見つける。予算は500ルピー。
リーダー:ここは商業都市だから安いゲストハウスなんかないぞ。3000ルピーでも狭くてヘボいところばっかだ。
maiko:いやでも、CGロードにあるBlue Diamondってゲストハウスは500で泊まれるらしいよ。

ここでリーダーとサニーが話し合います。

サニー:家に泊まるといい
maiko:えっ??!!サニーの家、私が泊まれる部屋あるの?
リーダー:ある。こいつん家は大家族で家もでかいから。

急遽、3日間ホームステイすることになりました。

リーダーの家に立ち寄り、頼まれた「るろうに剣心」文庫版全13巻と日本酒と梅酒をプレゼント。
私の荷物が重かったのはすべてこの土産のせい。
日本の漫画ファンのリーダーに何かほしい?と聞いたら間髪入れずに「るろうに剣心」と答えましたからね。
全巻入手して重さにビビリました。
そのうえグジャラート州は禁酒州だからみんなにJAPANの酒を持っていったら喜ぶだろうと酒を詰め込み…何も考えずにお土産をそろえた自分のバカさというか律儀さにあきれる。
このほか友達4家庭分のカステラも持参したし。おかげで各家庭で喜ばれましたよ。
なんか、久しぶりに日本人らしい行動とってるな自分。

サニーの家に到着すると、まじ豪邸でびっくりする。
キッチンなんて、レストランの厨房のようです。
お昼ごはんをママに作ってもらったら、めっちゃおいしかった。

ママンの味

はじめて食べる家庭の味。じゃがいも、キャベツのサブジにダールスープ。
私のためにチリパウダー抜きにしてもらいました。ほっこりして食べやすい。
ちなみにチリパウダー入りを味見したら辛すぎて悶絶しました。。

昼食後、バイクに乗ってリーダーおすすめの観光スポット、ガンディーアシュラムに出かけます。

ガンディーアシュラム

しかし、ガンディーに興味のない私はスタッフの解説を聞きながら(英語でほとんど分からない)寝そうになり、スタッフをあきれさせる。
「アーメダバードにはヒンディー語とグジャラート語のできる日本人がいるわ」と嫌味のように言われ…
すみませんね英語すらできなくて。

私の興味は映画とすばらしい自然の景色しかなく…そういう哲学的なことは追々かなあ。
でも今までC国を見てきたせいか、指導者=英雄と思えないのよね。

さてガンディーアシュラムをあとにしてサブウェイに移動します。
さっき食べたばっかりなのに、もう小腹すいたんか?

アーメダバード市内

アーメダバード市内。前方に見えるゾンビっぽい銅像はガンディーか。
リーダーが申し訳なさそうに「今インドは発展中だからごちゃごちゃしてるんだ。もう少ししたら整備されると思うよ」

排気ガスと埃がすごくて、同行してたサニーの彼女からこんなふうにスカーフを巻かれました。

アーメダバード式スカーフの被り方

完全防備。これで誰も私のことを外国人だと気づかない。

夜、もう1人友人バイカーが合流してチャイをしばく。
バイカー達と再会

私の両隣は180cm超え。
こうして見ると、「only u bright in this picture」と言われたの分かる気がする。
私の顔だけブライト。

(1ルピー=約1.6円)
スポンサーサイト

| 旅行 maiko | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/736-522d9c63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。