廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日からスタート!中国インディペンデント映画祭2013

どうも、最近「Exotic Taste」という2人のアーティストがゲテモノを食すグルメ番組の翻訳をした私です。
まさかパン・ホーチョン以外でこんな映像の翻訳をするなんてね。シモネッタの本領発揮できたかしら。

さて明日からいよいよ中国インディペンデント映画祭2013が始まります。
予算ないくせに毎回大量のゲストを呼んでQ&Aやトークショーをするので、このブログをご覧の皆さんは是非会場に来てください。
明日あさっては私も会場にいるので見かけたら声かけてくださいね。
ただし、対人関係の記憶力がほぼないので名前が出てこないかもしれませんけど。

11月30日のラインナップ
「豆滿江」
監督:張律(チャン・リュル)
11/30(土)13:00 12/2(月)19:10 12/13(金)14:50
11/30(土)はチャン・リュル監督のQ&Aあり。
dmj.jpg

(あらすじ)
中国と北朝鮮の国境を流れる豆満江(とまんこう)沿いの、中国側の村で暮らすチャンホは、北朝鮮からやってきた少年・ジョンジンと知り合う。ジョンジンは病気の妹のために食べ物を探そうと、危険を犯してやって来たのだった。チャンホは彼を助け、二人の間には友情が芽生える。だが、次第に増えてくる脱北者のせいで村の治安は悪化。二人の関係も険悪になってくる。

(ひとこと)
このタイトル、日本語で「とまんこう」て言うんですね。
私通訳するとき何度も言わないかんのでしょうか。


「卵と石」
監督:黄驥(ホアン・ジー)
11/30(土)15:30 12/4(水)18:30 12/6(金)13:00 12/12(木)16:45
11/30(土)はホアン・ジー監督、大塚竜治さんのQ&Aあり。
js.jpg

(あらすじ)
14歳の少女・紅貴は、都会で働く両親と離れて農村に留まり、もう7年ものあいだ叔父夫婦と生活している。幼なじみの男友達・阿九と会えるのを唯一の楽しみとしている普通の女の子だが、実は深刻な悩みを抱えていた。

(ひことこ)
ホアン・ジー監督の実体験を映画化したもので、2012年中国インディペンデント映画界で一番の話題作でした。ホアン・ジーのパートナーである撮影監督の大塚竜治さんも一緒に来日してくれます。


「ホメられないかも」
監督:楊瑾(ヤン・ジン)
11/30(土)18:10 12/3(火)15:00 12/10(火)18:30 12/11(水)13:00
11/30(土)はヤン・ジン監督のQ&Aあり。
youren.jpg

(あらすじ)
小学校を卒業した夏休み、ヤンジンは長距離バスに乗って同級生のシャオポーの田舎に遊びに行く。優等生のヤンジンと、怒られてばかりのシャオポー。山西の農村でいろんな人と出会いながら、彼らは少しずつ成長していく。

(ひとこと)
去年東京国際映画祭でほとんどの中華圏ゲストが来日をキャンセルする中、唯一参加したヤン・ジンのほのぼの映画。
香港映画ファンにはおなじみ鈴木真理子さんの字幕がぴったりはまっていて、会場からはクスクスと自然と笑い声が溢れました。
普段中国映画をあまり見ない人にもとっつきやすい内容でオススメです。

さらに、Q&Aに引き続きオープニング特別ライブを開催します。
"民謡"ミュージシャンとして著名な小河による30分間のライブ演奏。『ホメられないかも』『白鶴に乗って』で音楽を担当し、『重慶』では俳優として出演している小河(何国鋒)が映画祭のために初来日。


12月1日のラインナップ
「嫁ぐ死体」
監督:彭韜(ポン・タオ)
12/1(日)13:00 12/3(火)17:00 12/12(木)14:55 12/13(金)13:00
12/1(日)は上映後にトークイベントあり。
「映画制作と上映の現状」
ゲスト:張律監督、楊瑾監督、王宏偉(栗憲庭電影基金アートディレクター)
中国でインディペンデント映画を作ることや上映することの苦労、今後の展望についてゲストたちが論じる。
fsr.jpg

(あらすじ)
火葬場で働く曹には、人には言えない副業がある。それは女性の遺体を「鬼妻(独身で亡くなった男性の霊を慰めるため、女性の遺体を一緒に葬るという古い風習)」として売買するブローカーであった。重い病気を患った曹は、自分の死期が近づいていることを悟り、自分用に若い女性の死体をキープしておくことにする。そんな時、一人の女性が彼の働く火葬場を訪ねてくる。

(ひとこと)
「小蛾(シャオオー)の行方」がすばらしかったポン・タオ監督の新作。
火葬場の男がかわいこちゃんの遺体と寝たりしちゃったりする映画です。


「重慶」
監督:張律(チャン・リュル)
12/1(日)15:30 12/3(火)18:50 12/9(月)13:00 12/12(木)13:00
12/1(日)はチャン・リュル監督のQ&Aあり。
chq.jpg

(あらすじ)
留学生たちに中国語を教えている蘇芸は、早くに母を亡くし、父親と二人暮しをしている。その父が、買春をした疑いで娼婦とともに検挙されてしまう。警官・王の計らいで釈放させてもらったことから、蘇芸と王は親しくなり、体を許すまでになるのだが…。

(ひとこと)
警官役で『ホメられないかも』『白鶴に乗って』『スーツケース』などでは音楽も手がけている小河(何国鋒)が出演してるんですけど、<18歳未満の方の鑑賞には相応しくない描写あり>
字幕チェックしながら、あれ早くね?と思って時間を計ると30秒だったので「30秒の男」と名づけましたが後半またそういうシーンが2分以上あったので安心しました。
会場のオーディトリウムからは全裸OKが出ているので堂々と上映できるそうです。


「唐詩」
監督:張律(チャン・リュル)
12/1(日)18:00 12/4(水)13:00 12/6(金)15:00 12/9(月)16:50
12/1(日)はチャン・リュル監督のQ&Aあり。
tsh.jpg

(あらすじ)
ある男がアパートでひとり静かに暮らしている。女がひとりやって来る以外、とくに人付き合いもなく、いつも無表情で黙々と植物に水をやり、アイロンをかけ、テレビで唐詩の番組を見ている。女は彼とのコミュニケーションを図るが、一向に掛けあってこない。女はナイトクラブで踊りの演出家として働くことになるが、その目的は職場の金を盗み出すことにあった。

(ひとこと)
今回特集を組まれるチャン・リュル監督のデビュー作。ぜひこの機会にコンプリートしてください。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/785-5853e262

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。