廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国インディペンデント映画祭2013 注目のラインナップ

平日も絶賛開催中のインディペンデント映画祭2013。
その他の注目ラインナップを紹介しましょう。

「春夢」
監督:楊荔鈉(ヤン・リーナー)
12/2(月)15:20 12/7(土)13:00 12/13(金)19:00
12/7(土)にはヤン・リーナー監督をゲストにQ&Aあり。
chm.jpg

(あらすじ)
妻として、また小さな娘の母として、そつなくこなしてきたファン・レイだったが、ある時から夢に出てくる男に惹かれ始め、すっかり心を奪われてしまう。夢の中での肉体関係に溺れてしまった彼女は、罪悪感を抱くようになるのだが…。

(ひとこと)
子供をひとり生んだくらいの女性のエロス爆発!
美しいっ!


「白鶴に乗って」
監督:李睿珺(リー・ルイジン)
12/3(火)13:00 12/7(土)15:40 12/9(月)14:50 12/11(水)18:30
12/7(土)はリー・ルイジン監督、張敏さんをゲストにQ&Aあり。
bh.jpg

(あらすじ)
中国西部の農村で暮らす大工の馬さんは、棺桶作りの名人でもある。政府が土葬を禁ずるようになった今では、棺桶を注文されることもめっきり減ったが、多くの老人たちは依然として土葬を望んでいる。彼の親友は死後密かに土葬されたが、役人にバレて掘り返されてしまう。それを目の当たりにした馬さんが下した決心とは…。

(ひとこと)
まるで寓話のようなストーリー。
おじいさんとちびっ子たちのやりとりを見ていると癒されます。
写真のシーンを見るだけでも価値あるんではないかと。


「小荷(シャオホー)」
監督:劉姝(リウ・シュー)
12/2(月)17:20 12/4(水)16:40 12/7(土)18:20 12/12(木)19:15
12/7(土)はリウ・シュー監督をゲストにQ&Aあり。
xh.jpg

(あらすじ)
田舎の高校で国語教師をしている小荷(シャオホー)は、型破りな授業をすることから生徒たちには人気があるが、保護者や同僚からは疎ましがられていた。職場の空気に耐えられなくなった彼女は北京に出て行くことにするが、北京での暮らしは理想とは程遠く…。

(ひとこと)
譚卓のような美しい人は化粧なしでも美しいのですが、気合いを入れると格が違うことが最後に分かります。


「マダム」
監督:邱炯炯(チュウ・ジョンジョン)
12/2(月)13:00 12/5(木)17:40 12/8(日)13:00 12/13(金)16:40
12/5(木)はアジアンクィア映画祭 共同代表の入美穂さんをゲストに迎えトークショーあり。
12/8(日)はチュウ・ジョンジョン監督をゲストにQ&Aあり。

gnn.jpg

(あらすじ)
服飾デザイナーをする傍ら、派手な女装をし、マダム・ビランダと名乗ってステージに立つクラブ歌手。同性愛者がまだまだ生きづらい中国にあって、ゲイである彼がここに至るまでには様々な苦労があった。赤裸々に語られるインタビュー映像と、クロスして流れる彼のステージシーンが、ときに笑わせ、ときに涙を誘う。

(ひとこと)
今回の新作の中で一番のお気に入り。
冒頭の歌でグッとひきつけられました。
ぜひ映画館でマダムの歌に酔いしれてください!!!
必見!!!!


「治療」
監督:呉文光(ウー・ウェングアン)
12/5(木)13:00 12/8(日)16:00 12/9(月)18:40 12/11(水)15:00
12/8(日)はチュウ・ジョンジョン監督、シュー・トン監督をゲストにトークショーあり。
12/9(月)は石坂健治さん、秋山珠子さんをゲストにトークショーあり。

zhl.jpg

(あらすじ)
2007年に母親を亡くした監督が、母親についての映像作品を作ろうとこれまでに撮りためてきた映像を編集し始める。しかし、亡くなった母親の生き生きとした姿を改めて見返す作業は、監督にとって辛くもあり、自分自身を治療する過程でもあった。


「唐爺さん」
監督:徐童(シュー・トン)
12/4(水)14:50 12/6(金)19:15 12/8(日)18:20 12/11(水)16:40
12/8(日)はシュー・トン監督、唐小雁さんをゲストにQ&Aあり。
ltt.jpg

(あらすじ)
前作『占い師』で、売春の元締めをしていて逮捕された唐小雁は、その後釈放され、故郷で新年を迎えるため黒竜江省に帰省する。そこには80歳を超える彼女の父親が住んでいた。娘に劣らず元気で濃いキャラクターの唐爺さん。彼は、訪ねてきた監督のカメラに向かい、自分の半生を饒舌に語りだす。

(ひとこと)
破天荒な生き方をしている唐小雁(タン・シャオイェン)とパパの仲良しぶりがほほえましい。


「占い師」
監督:徐童(シュー・トン)
12/6(木)16:45 12/10(火)16:00
sm_20131203183919a70.jpg

(あらすじ)
身体に障害を持つ厲百程は、体と脳に障害を持つ妻とともに、路上で占い師をして生計を立てている。彼の客は主に場末の娼婦たち。厳しい現実の中でも、彼らは笑顔を絶やさず、そして常にしたたかだ。中国の底辺に生きる愛すべき人々を撮り続ける徐童監督が長期取材した、厚くて暖かいヒューマン・ドキュメンタリー。

(ひとこと)
もし2年前に見ていなければ、絶対に見ておくべし!!!
必見!
私のレビューはこちらから。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/787-0c96b4b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。