廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画で学ぶヒンディー語

私がヒンディー語を習っている岡口先生から期間限定の講座を教えていただきました。

【映画で学ぶヒンディー語】

インド映画のセリフを題材に発音や意味、簡単な文法を学びましょう。ひとまず難しそうな文字は後回しにして、カタカナヒンディー語を使って、セリフを楽しむことからはじめます。初心者対象。
(ヒンディー語)

日時:2014年 3/12(水), 3/19(水), 3/26(水)
19:00-21:00

場所:朝日カルチャーセンター 新宿教室
問い合わせ、申し込みはコチラから



難しい文字はとばしてとにかくインド映画のセリフを勉強するなんて、なんて都合のいい講座なの!
そもそも私は映画で使われる単語を20ほど教えてもらえればそれでいいと思っていたので、最初にこの講座に出会えば飛びついたでしょうね。
私が入学した時はすでに通常の入門クラスが始まって2か月以上たっており、しかも文字の解説をちょうど終えたところ。
一年も待ちたくなかったので私だけ毎週文字を書く練習をして個別に添削してもらうことにしました。
普段勉強する脳みそを使わないせいか10分書いただけで頭痛と肩こりがハンパなかった…
とまあ最初は白目むいて泡吹きそうだったのですが先生が
「今日出てきたベーター(息子)という単語もよく映画に出てくるのよ。実の息子じゃなくてもおばあさんが子供に話しかけるシーンでベーターって言ったりしてね」
と教えてくださって俄然やる気を出していたというわけです。

そう、先生の授業では映画で使われる単語がよく出てくるので、習い始めの頃から映画を見ていて聞き取れることが多いのが特徴です。
そりゃテンションあがりますよ!

まだどの映画を教材にするか決めてないとおっしゃるので「ディルセ 心から」って難しいんですかねと提案してみました。
maiko:ディルセって先生が翻訳したし、日本人のインド映画ファンってだいたいシャーファンだからいいんじゃないですか?
先生:えっ、まだそういう状況なの?
maiko:去年「オームシャンティオーム」と「きっと、うまくいく」がヒットしてインド映画ファンになった人が多いし知名度でいうと一番でしょう
先生:あっそう
maiko:私はシャーファンじゃないけどディルセは映画として面白いと思います。
先生:そうねえ、あれは映画として一番完成されてますね



この直前のシーン
シャー:何かほしいものは?
コイララ:がらむ・ちゃーい(熱いチャイを)
これで「がらむ(熱い)」という単語を覚えました。

ということで未確定だけどディルセが教材になる可能性あるかと。
インド落ちしてモヤモヤしてるあなた、期間限定だし直接映画のセリフ学べるし、今がチャンスですよ!

अगर हिंदी सीखना है तॊ यही वक़त है
(あがる ひんでぃー しーくなー へ と やひー わくと へ)
意味:ヒンディー語勉強するなら今でしょ

パーニープーリー屋

オールドデリーでパーニープーリー屋に群がる小学生たち
スポンサーサイト

| 日記 maiko | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/794-2e7d4a6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。