廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014 印パ旅行 Part1デリーでホーリー

私は3年前からパキスタンに行きたかったのです。
今年は3月17日がインドのホーリー祭だし、3月末はパキスタン、フンザで杏の季節だし、非常勤講師を務めている学校も春休みだし、長期休みを宣言して行ってきました。

高菜ラーメンがマズイ

いつもの東方航空チケット(55,000円)、トランジットの上海浦東空港にて。
インド料理漬けになる前に最後の中国料理をと雪菜肉絲麺を頼んだら恐ろしくまずくて失望した。
1年前はおいしかったのに。

デリー空港でベンチ寝

夜中3時ごろデリー空港に到着し、ベンチ寝で夜明けを待つ(撮影サブメン)

定番宿のSri Aurobindo Ashramにチェックインして朝ごはんを食べます。

アシュラムの朝

サモサには甘酸っぱいソースをかけていただきます。
宿にはこのようなボウルに花が活けてあり朝から気持ちがいい。
本当にこの宿は静かで平和で過ごしやすい。おススメです!

平均スプーン3杯

給食形式でもらえるチャイには砂糖が入ってないので各自入れるんですけど、観察してたらインド人の皆さん平均スプーン3杯いれてました。

初日は車をチャーターしてデリー観光。
国立博物館、インド門、オールドデリー、フマユーン廟などまわりました。

インド門

インド門と言えば

no one killed jessicaのクライマックス

「no one killed jessica」のロケ地ですね。

チャクデとか

「Chak De! India」のトレーニングシーンでも使われてたような。

カリムホテルのバターチキン

お昼はカリムホテルのバターチキンとビリヤニ。ここのバターチキンは日本人の舌に合うやさしい味。
薄ーいチャパティがおいしかったー。

オールドデリー

オールドデリーは「Delhi Belly」や「デリーに行こう」の舞台でおなじみ。

足の角度とか

フマユーン廟で見かけたインド男子。
足の角度とか手とか、いちいち大げさなんですよね。

翌日3月17日はホーリー祭
無礼講で色粉や色水をかけあい、たまに死人も出るという激しいお祭り。

世界のホーリー祭

検索したらこんな写真ぱかりだし宿の人からも「今日は外出しないほうがいいよ」と言われる。
ホーリーは体験してみたいけど、こんなの無理。もっと穏やかなのがいい。
ということで前回の旅で友達になったリトゥ・ミタルさんのお宅にお邪魔しました。

iphoneを100均の防水ケースに入れてリキシャに乗り込み町に繰り出します。
路上スタンドの爺さんが真っピンクの粉を顔に塗りたくられ、しゃがんでタバコをふかしていたのがシュールだった。
写真撮りたかったけど止まったらうちらが標的にされるから諦める。

グンジャ
リトゥさんの家につくとグンジャというホーリーの時に食べるお菓子をいただきまして(一番左)
手作りだから甘さ控えめで油っぽくなくおいしい!

さてアパート下に音楽隊が来てホーリーが始まります。
上の写真ではケミカルの粉を使っており皮膚につくと数日間色が落ちないのですが、リトゥさんと近所のミドルクラスの方々はオーガニックの粉で祝うので安全。シャワーを浴びればすぐに落ちます。
そしてオーガニックの粉はほんのりいい香り。

正しいホーリーの祝い方

粉を手にとって相手の頬につけ、「ハッピーホーリー」と言ってハグする、これが基本です。

リタ夫妻

ラブラブ夫婦だとこれくらいハグしてもいいでしょう。

リトゥ:映画なんかでは色粉をパッと空中に放ったりするけど目に悪いからダメよ。あれは映画の中だけね。

Balam Pichkari

例)「Yeh Jawaani Hai Deewani」の「Balam Pichkari」

グラブジャムン

近所の奥さんからは手作りのグラブジャムンをいただきました。
これも甘すぎずめっちゃうまかった!
例のごとく手でつかむと熱っ!やけどします。



音楽に合わせて一番激しく踊るのはリトゥさんの旦那さん。
こんな時にかっこいい阿波踊りを踊れたら日本代表としてもてはやされるのにな。

ご近所さんと

花粉症用のメガネをかけて参戦。

こんな仕上がりです

こんな感じに仕上がりました。
あー楽しかった!

帰りはクトゥブ・ミナールに寄りましてね。
そこにはなぜかすごい人だかりができていました。
えっ、誰か有名人が来てるの?
人ごみをかき分け最前列にいってみる。

このシルエットは

えっ、このシルエットはサルマン・カーン?

どこやどこや?

もはやクトゥブミナールそっちのけでサルマンを拝もうとする人々(含むうちら)。

見えたー!!

キャー!ばっちり見えた!
(写真撮影、サブメン)

見ちゃったわ

見よ、ご婦人のうれしそうな顔!

走れー!

その後サルマンが帰るぞとなった時いっせいに追いかける野次馬たち(含むうちら)
もう一度書きますけどクトゥブミナールそっちのけ。

新作の撮影を見物できるなんてラッキーだったなあ。
スポンサーサイト

| 旅行 maiko | 01:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいなーインド、
いいなーオールドデリー
いいなー美味しいグラブジャムーン
…と思っていたら、サルマンでひっくり返りました。
そりゃ、クトゥブミナールそっちのけになりますよね。

| きたきつね | 2014/04/22 12:45 | URL | ≫ EDIT

きたきつねさん
グラブジャムン、市販のは甘すぎてキョーレツですが手作りだとすげーうまかったです。
グンジャもおいしかったし、次行ったら料理習おうかな。
サルマンの新作撮影、この際日本人であることを最大限にアピールして近づきたかったんですけど無理でした。香港だといけるのにな。

| maiko | 2014/04/22 22:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/807-69098959

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。