廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画が伝えるルワンダ虐殺 特別上映会

翻訳者仲間のTさんからルワンダ映画無料上映会のお知らせをいただきました。

ルワンダ虐殺上映会

『ホテル・ルワンダ』で描かれなかった真実が今!
100日間で100万人が犠牲になった悲劇。それが1994年におきたルワンダ虐殺だ。あれから20年。
「ルワンダ虐殺とはいったい何だったのか」「なぜ起こり、そしてなぜ防げなかったのか」という議論はやむことがない。
西欧発のルワンダ映画とともに、アフリカ人製作によるルワンダ映画を上映し、
映画というメディアがルワンダ虐殺をどう伝えてきたかを振り返る。
公式サイト

会場: なかのZERO(小ホール) 東京都中野区中野2-9-7
会 期 : 2014年5月15日(木)19:00~、5月23日(金)18:20~&19:30~、24日(土)18:20~
入場料 : 無料

以下、シネマアフリカ主催者吉田さんからのメッセージです。

上映作品は4本。ルワンダ虐殺関連映画では決定版ともいえる『四月の残像』は、日本語字幕で上映されるのはおそらく今回が最後かもしれません。かなり貴重な機会です。
また、虐殺の渦中に避難民を置き去りにして国連軍が撤退した出来事を描いた『ルワンダの涙』は、日本人として必見です。
ドキュメンタリーは2本。『イセタ』は、虐殺の現場を撮影した唯一の西洋人ジャーナリストが十数年後に撮影フィルムを携えて当時の現場を訪れる衝撃のドキュメンタリーです。
『故郷』は、ルワンダ人女性監督が、民族間の憎悪が駆り立てられた負の歴史を植民地時代まで遡り、悲劇の根源を探ろうとする意欲作で、アフリカを学ぼうとするすべての人に見てもらいたい作品です。

またイベントでは社会学者の宮台真司氏をお招きして、アフリカ映画の可能性や役割についてお話を伺います。同じくトークイベントにて、アフリカ事情を追ってきたフリージャーナリストの大津司郎氏を迎えて、ルワンダ事情を深く掘り下げていきます。また『故郷』上映後のQ&Aは、駐日ルワンダ大使自ら客席からの質問に答えるという企画です。


貴重な機会なので私も行ってみようと思います。
皆さんも友達を誘ってどうぞ!
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/812-51c4b99e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。