廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マカオ映画祭★もうすぐ開催

世界初のマカオ映画祭が5月30日(金)から大阪で開催されます。
リム・カーワイに頼まれ、1本だけ翻訳するつもりが全体的にかかわることになりゴールデンウィークから今までちまちまと働いておりました。
あー疲れた!

以下ちょっとしたおすすめポイントを紹介します。

「花の咲かない果実」
監督のヴィンセント・チュイは香港インディペンデント映画の中心人物でイン・リャンと一緒に大学で上映会などもやっています。
劇中主人公が香港からマカオに移動するシーンがあるのですが、高層マンションの遠景→だだっ広い道路→横断歩道→フェリー乗り場→そしてマカオらしい街並みが映し出され香港・マカオファンなら一緒に移動している気分になります。

「ビフォー・ドーン・クラック」
これ、面白かったです。カルトな感じ。
「花の咲かない果実」と合わせて、マカオロケ地めぐりをしているツワモノなら鑑賞しながらロケ地が分かるんじゃないかな。
監督も来日するし、マカオ地図を持っていって答え合わせしても楽しいかも。

「マカオの恋の物語」
6人の若手映像作家たちによるオムニバス。
ナビゲーターとしてSolerが出演してます。
めっちゃ久しぶりに見たんだけど、そっか双子マカオ出身だったですね。
マカオ出身の双子

「マカオ傑作短編集」
3本の短編のうち「箪笥の中の女」はレズビアンのカミングアウト、家族との関係を映したもの。少し未熟なところもあるけど最後グッときました。
これからが楽しみな監督なので是非会場で交流してみてください。

「出稼ぎの女たち」
非ネイティブ同士の英語って分かりやすかったりするじゃないですか。
この作品ではインドネシア出身の家政婦さんたちが広東語でインタビューに答えています。訛りはあるけれど、生きるために覚えた広東語はたくましく健気。そして帰国時、家族へのお土産に焼きガチョウを買うのです。「インドネシアに戻ってもきっと思い出すわ。こんなにおいしいものはない」
さまざまな事情をかかえる彼女たちに寄り添い、一緒にインドネシアに行ってその後を見つめる監督に好感がもてます。
個人的に一番好きな作品なので多くの人に見てもらいたいな。
インドネシア出身の彼女たちが故郷を思い出す曲がいくつか使われています。

「Tinggal Kenangan」
普段意味も分からずインドネシアン・ポップを聞いてますけど切ない歌詞が多いんですね。



忘れてしまいたい  あなたのことを すべて
でも それは難しい  あなたは今も輝いている
あなたは 私を置いて 遠くへ去っていった
私は ここで あなたを思い続けている
あなたの代わりが いればいいのに
だけど 私が愛する人は 永遠に あなただけ


※劇中は女性が歌っているので上のような日本語訳になります。

「Cindai」
マレーシアの歌姫シティ・ヌルハリザの大ヒット曲。



「Hilang」
東京国際映画祭でも上映された「ガレージ/GARASI」の主題歌。
ボーカルのアユちゃんが来日して歌ったりするとみんな合唱できるくらいの名曲。



それからテレサ・テンの「但願人長久」も使われています。
今までたくさんの中国インディペンデント映画でテレサの曲が使われてきましたが、やっぱりテレサの歌声は人の心を代弁するというか、鼻がツーンとしてきますね(涙)

今週金曜日からたくさんのゲストが来日します。
小規模な映画祭だからこそゲストと近くで交流できるので積極的に話しかけてみてください。
それから会場のひとつであるプラネット1階のカフェはおススメです。
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/815-151ee630

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。