廃話!~もっとチラシの裏に書いとけよ!~

廃話(ファイワー)とは広東語で「意味のない、つまらない話」という意味。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「長江にいきる 秉愛(ビンアイ)の物語」上映会

久しぶりに監督の馮艶(フォン・イェン)が来日して「長江にいきる 秉愛(ビンアイ)の物語」の上映会を行うそうです。

上映作品:「長江にいきる 秉愛(ビンアイ)の物語」
開催日時:7月19日(土)15:00~
場所:成蹊大学3号館101教室(予定)
※参加費、事前申し込みは不要で、どなたでもご参加いただけます。
※上映後に本企画のために来日する監督の馮艶とのトークがあります。

2008 年/中国/117 分/配給:ドキュメンタリー・ドリームセンター



【ストーリー】
長江のほとりで家族とつつましく暮らすお母さん、秉愛(ビンアイ)。
働き者の彼女にとって、病弱な夫と連れ添いながら育ち盛りの子どもたちを育てることは、滔々と流れる川のようにじゅうぶん幸福な暮らしだった。そんななか、ダム建設で川の水位が上昇するため、今の土地から離れなくてはならないとの移住命令が下される。あくまで平穏な生活を営なもうとする秉愛一家のもとに、小役人がときどき嵐のようにやってきては、甘い言葉や脅迫で一家を追い出しノルマを達成しようとする。学もコネもない秉愛は、理不尽な命令に対して頑固さで対抗するしかない。次第に一家は追い詰められていく…。

【監督プロフィール】 馮 艶(フォン・イェン)
1962 年天津生まれ。天津の大学で日本文学を学んだ後、日本に留学。京都大学大学院経済学研究科博士課程で農業経済学を研究、日本滞在は 13 年に。山形国際ドキュメンタリー映画祭をきっかけに映画作家・小川紳介に強い影響を受け、1994 年よりドキュメンタリー製作を開始。学校に行けない子どもたちや、中国農村部の人々の暮らしを撮り続ける。


このドキュメンタリーが好きで、数年間ビンアイが微笑むポスターを自宅に貼ってました。
馮艶さんの力強くおおらかなキャラクターは一度トークを聞くと魅了されてしまいます。
7月19日(土)の午後はぜひ上映会に足を運んでみてください!
スポンサーサイト

| 映画 maiko | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://houhendai.blog62.fc2.com/tb.php/824-9fde70d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。